絶滅寸前の昭和系「大型映画館」 都内に残った最後の1つはどこにある?

シネコンの台頭で絶滅寸前の大型映画館。そんな大型映画館ですが、都内に今も残っているのはどこでしょうか。ミゾロギ・ダイスケさんが解説します。


シネコンの台頭が生んだもの

 その昔、都内の繁華街には800~1000人規模のキャパシティーを持つ大型映画館が何館もありました。多数の客席、それが満席となった様子は昭和のロードショー館特有の面白さであり、映画を見る際の高揚感を高める役割を果たしていました。

 しかし、シネマコンプレックス(以下:シネコン)が映画興行の中心となることで、やがて大型映画館は減少していきます。

 現在、都内のシネコンで、単一スクリーンの客席数がもっとも多い「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」(港区台場)のスクリーン1が612席と、全体的にスクリーンごとの客席数は少なくなっているのです。

 では、懐かしい昭和スタイルの大型映画館は絶滅してしまったのでしょうか? 答えはノー。800人以上を収容できる館は東京23区に1館だけ残っています。見方を変えれば、“1館しか残っていない”とも言えます。

 では、各エリアの大型映画館にはどのようなものがあり、いつ頃、消えていったのでしょう。

1000人級映画館が3館並んでいた昭和時代

●銀座・有楽町・日比谷エリア
 今は「日比谷シャンテ」がある場所に、「有楽座」(1572席)と「日比谷映画劇場」(1375席)、その向かいに「日比谷スカラ座」(1197席)と、日比谷にはかつて大型映画館が3館もありました。

ところが、老朽化した有楽座と旧・日比谷映画劇場は1984(昭和59)年に閉館。有楽町駅前に生まれた複合商業施設「有楽町マリオン」内に新設された「日本劇場」(944席)、「日劇プラザ」(666席)が、その役割を引き継いでいます。

都内屈指の大型映画館だった「松竹セントラル1」


【画像】都内に残った最後の「大型映画館」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_cinema_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画