話題の温浴施設「スパジアムジャポン」、サウナ好きの支配人が教える「とっておき」の楽しみ方

  • おでかけ
話題の温浴施設「スパジアムジャポン」、サウナ好きの支配人が教える「とっておき」の楽しみ方

\ この記事を書いた人 /

高橋里実(温泉ソムリエマスター)のプロフィール画像

高橋里実(温泉ソムリエマスター)

2019年3月、東久留米市に関東最大級の温浴施設「スパジアムジャポン」がオープンしました。その特徴や、おすすめの楽しみ方などを、温泉ソムリエマスターの高橋里実がレポートします。

関東最大級の温浴施設

 東久留米市に2019年3月5日(火)、関東最大級の温浴施設「スパジアムジャポン」(東久留米市上の原)がオープンしました。

 15種類のお風呂とサウナ、関東最大の岩盤浴、浴場にはヘッドスパやシックスパックを刺激するジェットバスなど、最新設備を惜しみなく導入しているため、周辺地域だけでなく、メディアにも連日大きく取り上げられて話題となっています。

15種類のお風呂とサウナがある「スパジアムジャポン。写真は、季節ごとの「香りと効能」を楽しめるアロマなお風呂(画像:ZIP)



 運営するのは、愛知県に湯楽、湯吉郎、そしてキャナルリゾートの3つのスパ施設を持つZIP(墨田区錦糸)です。

 同社はもともと、東久留米市に特別なつながりがあったわけではないそうです。ある日、社長のもとに同市の上の原地区開発の話が舞い込んだため、地区周辺をよく調べてみると温泉が湧く可能性があることが分かりました。東久留米市は1985(昭和60)年に「平成の名水百選」に選ばれた土地だったことから、泉質が良く、とにかく大きな温浴施設を作ろうと計画したといいます。

 他店舗での岩盤浴人気もふまえ、「これだけの需要があるならもっとたくさんの人が使えるようにしたい」と考え、2フロア分を岩盤浴に。また、良いお風呂に入った後は本格的なものを食べてほしいとの思いから、お食事処にはうどんの人気店「つるとんたん」系列の「山水草木」などに声をかけ、現在のスパジアムジャポンが完成しました。

劇団営業から転職した支配人の挑戦

 そんな新しい温浴施設の支配人に就任したのが、清 和音さん。それまでは劇場の営業をしていたそうで、まったく違う業種からの転身です。

「最初は本当に違うところに来てしまったな、と戸惑いもありました。でも、お客様を迎えるという意味では共通していますし、喜んでいただきたいという思いは同じなので、私自身も楽しみながら働いています」

 建物、設備、従業員、すべてが新しいスタートの温浴施設のため、その分大変なこともあるといいます。

「開放的な造りで新しい建物だからこそ、汚れている部分などがあると目立ってしまうんです。新しくてキレイですね、との声もありますが、そのキレイという印象を保っていただけるよう、常に細かいところまで清掃をしています。そして新規オープンなので今はお客様が多いですが、今後は常連のお客様を増やすことも課題です」

地元密着で独自進化を続けるスパ

 券売機や入場ゲートなども機械化されており、従業員と話さなくても、入場できる仕様になっているスパジアムジャポン。それでもフロントの従業員にはできるだけ来場客の前に出るようにと伝えているそうです。

「どれだけお客様と近い関係になれるかが大事だと思っています。大きな施設だからといって、接客に距離があっては地元に根付くことができません。

 採用したスタッフにはお風呂好きも多くて“こんなお風呂屋さんがあったらいいなぁ”というのを実践してくれる人も多いので、自然にお客様との会話も生まれているようです。今後もそれが続いていくように努力していきます」

100床を超える広さの岩盤浴エリア。写真はミネラル豊富な紅岩塩を使用した「RED HOT ROOM」(画像:ZIP)



 そんな清さんも率先して来場客とのコミュニケーションを大切にしているそうです。

「要望もできるだけ聞き逃さないようにしていますね。岩盤浴エリアはお子様禁止のお店も多いのですが、土地柄、ファミリー層が多いこともあって、入れるようにしてほしいとの声が結構あって。それで3歳以下もラウンジまでは入れるようにしました」

 来場客と直接会話をすることでうれしい発見もあったといいます。

「ご年配のお客様が、近所にスパジャポ(スパジアムジャポンの略称)ができたことによって頻繁に孫が来てくれるようになったと、笑顔でお話してくださって。そんな風にこのお店が役立っているんだと驚きましたし、とても喜ばしいなと思いました。地域の皆様のためにも頑張らないといけないですね」

サウナ好き支配人おすすめの楽しみ方は?

 自身もサウナ好きだと話す清さん。おすすめの楽しみ方についても熱を込めて話します。

岩盤浴専用のラウンジでは約3万冊のマンガが読み放題(画像:ZIP)

「間違いなくまずは岩盤浴からですね。私がサウナ好きというのもあるのかもしれませんが、特に60度超えの『RED HOT ROOM』がおすすめです。一気に汗をかいてから、ラウンジでマンガを読むなどしてクールダウンしてほしいです。ラウンジには3万冊のマンガを取りそろえています。

 それからお風呂でゆったり。女性浴室限定で炭酸ヘッドスパもあるので女性の方にはそれも楽しんでいただきたいです。最後にごはん。山水草木の『明太餡かけ玉子とじのおうどん』は絶品なので、ぜひ試してみてください」

 オープンして約3か月、お客様とのコミュニケーションを大事にして日々変化を遂げるスパジアムジャポン。お出かけスポットにいかがでしょうか。

関連記事