東京駅をつくった男「辰野金吾」没後100年、偉大なその功績を改めて振り返る

東京の玄関口と言われる「東京駅」。2014年には開業100周年を祝い、さまざまなイベントが行われたことは記憶に新しいでしょう。そんな浪漫あふれる東京駅の歴史について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


東京駅の設計、当初はドイツ人技師が

 日本を代表するターミナル・東京駅(千代田区丸の内)は1914(大正3)年に開業しました。日本で鉄道が開業したのは1872(明治5)年です。開業当初に東京駅は存在しません。東京駅は後発ながら、その後に大きく成長して日本の表玄関になったわけです。

 鉄道が開業した当初、ターミナル駅だったのは新橋駅です。新橋駅は後に貨物専用の汐留駅に転換されて、わが国の物流を支えました。現在、当時の駅は復元され、旧新橋停車場として保存されています。

東京中央郵便局のデッキから眺めた赤レンガ駅舎(画像:小川裕夫)

 明治初頭に産声をあげた鉄道は、明治後期には全国へと広がっていきました。その過程で、政府首脳や鉄道関係者は中央停車場の必要性を認識するようになります。しかし、明治期の日本は建築・土木・電気・通信といった多くのインフラ分野を外国人技術者に依存していました。それは、鉄道おいても例外ではありません。そのため、日本人だけで中央停車場を具現化することはできません。

 明治政府は早急に中央停車場を実現するべく、来日していたドイツ人技師のヘルマン・ルムシュッテルに依頼します。ルムシュッテルは東京駅の設計を開始し、その構想は同じくドイツから来日していたお雇外国人のフランツ・バルツァーに引き継がれます。

 勤勉家だったバルツァーは日本をアジアの後進国とは見ておらず、独自の文化を持つ東洋の文明国だと感じていました。そのため、西洋諸国の文化や意匠を模倣するのではなく、バルツァーはふんだんに和を取り入れた中央停車場のデザイン案を練り上げたのです。

 明治政府は西洋に追いつけ追い越せのスローガンを掲げていたため、バルツァーの日本文化を取り入れた中央停車場案に難色を示しました。こうした経緯から、バルツァーの中央停車場案は保留にされます。明治政府はバルツァーが帰国したのを見計らい、改めて建築家・辰野金吾に東京駅のデザインを依頼したのです。

八重洲駅舎の竣工は開業から15年後


【トリビア】東京駅を設計した大建築家、辰野金吾を生んだのは何県か知っていますか?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_tokyoeki_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画