浅草に「忍者体験」カフェがオープン、なぜか茶道も学べる いったいどういうこと?

浅草に忍者をテーマにしたカフェ「忍者カフェ&バー」がオープンしました。忍者体験とユニークなこだわり満載の空間や飲食が楽しめます。


忍者修行したスタッフがもてなす、エンターテイメント型カフェ

 浅草寺や仲見世の賑わいから少し離れたエリアに、忍者をテーマにしたカフェが、この(2019年)7月にオープンしました。その名も「忍者カフェ&バー(NINJA Cafe & Bar)」(台東区西浅草)です。

2019年7月にオープンした「忍者カフェ&バー」(画像:Holiday Jack)



「オープン前は外国人の方以外の来店は少ないだろうと予想していたのですが、意外にも3割程度は日本のお客さまです」

 そう話すのは、同カフェを運営するHoliday Jack(江東区豊洲)の代表・矢野智之さん。100か国以上を旅した経験を元に同社を5年前に立ち上げ、イベント企画や運営、集客コンサルティングなどを主体に事業を展開しています。忍者カフェ&バーは、インバウンドに人気の高い忍者体験を楽しめる施設が、浅草にないことからオープンするに至ったと話します。

「気軽に体験」と言えど、「忍者ツアー」を催行していた矢野さんのこだわりはかなりのものでした。

 店の扉は昔ながらの引き戸で、開けようとするとあまりに重く、「もしや、まだ開店していないのではないか」と思ったほど。かつて酒蔵で使われていた扉を、骨董品店経由で見つけて購入したそうで、「忍者の店なのに、扉が軽々しく開いたら変でしょう?」と言って一笑。

 矢野さんは自ら店に立ってサービスに当たり、自身も含めスタッフはみな黒の忍び装束を着用しています。甲賀で1か月に渡って、忍者修行をしたとのこと。

 店内装飾は4か月かけて、忍者をイメージしたものに自分たちの手で作り替えたそうです。武家屋敷に見られる「なまこ壁」を再現したり、朱塗りの鳥居に手裏剣がふたつ刺さっていたり、天井からぶら下がる縄に電球を取り付けていたり、手が込んでいます。あっと驚いたのは、豊臣秀吉も真っ青の金一色のトイレ。

「実物に近いものを再現したというより、外国人が忍者に持っているちょっと誤解のあるイメージを再現しました。その方がアミューズメントパーク感覚で、忍者の世界観を楽しく体験できるからです」と矢野さん。

 そう聞くと、日本人が見たら白けるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、細部にまでこだわりが徹底しているのが面白く、「エンターテイメント型カフェ」として楽しめる内容です。実際、土日は日本人の来店者も少なくないとのこと。

忍者をモチーフに、飲食メニューは「黒」が基調

 日中は、忍者体験とカフェメニューがセットになったコースを注文する人が多数で、夜はバー感覚で訪れてお酒を飲み、手裏剣を体験したりして楽しむ人が多いそうです。

 コースメニューは、「小太郎」(2000円)、「半蔵」(4000円)、「佐助」(6000円)、「咲蔵」(8000円)の4つです。一番手軽なのが「小太郎」で所要約60分。手裏剣、矢吹き、刀の居合い(帯刀し、鞘から刀を抜き放つ動作)の忍者体験に、ワンドリンクがついています。

「ニンジャ・カレー&ライス」1500円(画像:Holiday Jack)



「咲蔵」がフルコースで所要約2時間です。忍び装束をまとい、小太郎のメニュー内容に食事と茶道体験がつきます。茶道はお茶の立て方、飲み方、茶碗の持ち方、所作を学ぶもので、茶菓子に「忍者まんじゅう」をいただきます。忍者の世界になぜ茶道?と思うところですが、矢野さんが茶道の家元の出自であることが一因だそうです。

 ドリンク類は、そのほとんどが黒色。一例を挙げると、「ニンジャー・エール」(600円)はジンジャーエールに竹炭を混ぜて黒くしています。ハイボールやレモンサワー(各800円)などにも竹炭を混ぜて黒くしていますが、どれも味わいは普通のものと変わらないとのこと。

 食べ物も黒を基調とし、手裏剣をモチーフに取り入れています。例えば、「シュリケンヤキ」(1500円)はお好み焼きながら、手裏剣形。「ここで、普通に唐揚げ定食とか焼き魚定食が出てきたら、違和感があるでしょう?」との矢野さんの言葉に納得。コースターには刀の鍔をモチーフとしたものを使い、お箸は刀を模しています。これらはどれも特注とのこと。

 甘味の「ファイヤー・プリン」は、手品のようにスタッフの指が炎に包まれ、プリンの周囲に火を灯します。熱くないですか?としばしば聞かれるそうですが、その度にひとこと、「忍」と答えるとか。

 子供に忍者体験をさせ、親はドリンクだけを注文というのも可能です。また、忍者体験は手裏剣だけなど、1種類でもOK。外国人の友人を連れて行ったり、子供に気軽な「忍者体験」をさせるのにも最適です。外国人と交流をしたいという人も楽しめることでしょう。

 また、忍者姿に扮して楽しむ外国の人達の様子を見るのも一興で、唯一無二の日本文化を誇りに思う機会ともなるのではないでしょうか。

●忍者カフェ&バー
・住所:東京都台東区西浅草3-27-14 トーア浅草マンション 1F
・営業時間:11:00〜23:00(L.O. 22:00)
・定休日:なし
・アクセス:つくばエキスプレス「浅草駅」から徒歩5分、銀座線「田原町駅」より徒歩8分、日比谷線「入谷駅」から徒歩8分


豪華だけど落ち着かない?忍者カフェ&バーの金色のトイレ(18枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190729_ninja_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画