ホテル最上階のダイニングで日本ワインと美食に酔う! 飲食充実の女子会プランも魅力

  • おでかけ
ホテル最上階のダイニングで日本ワインと美食に酔う! 飲食充実の女子会プランも魅力

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

第一ホテル東京の最上階にあるダイニングラウンジ「ラウンジ21」がリニューアルオープンしました。エントランスエリアを邸宅に招かれたようなプライベート感ある空間に改装。日本ワインを豊富に揃え、併せてメニューも一新しています。デートに最適なほか、お得な春の女子会プランも見逃せません。

ワインウォールを新設、邸宅に招かれたような空間に改装

 第一ホテル東京(港区新橋)の最上階にあるダイニングラウンジ「ラウンジ21」が、2019年2月23日(土)にリニューアルオープンしました。テーマは、「ワインウォールのある邸宅」です。

ワインウォールのあるアプローチエリア(画像:第一ホテル東京)



フリードリンク付きの春のパーティープラン 5000円(税・サ込み、以下同)の料理。写真は4人分。要予約(画像:第一ホテル東京)

 入口のアプローチエリアは、ネオクラシックデザインの余韻を残しながら、プライベート感をもたせた空間に改装。ワインを飾るワインウォールを新たに設置し、邸宅に招かれたような非日常感を演出しています。アプローチエリアを進んで行くと、銀座・汐留方面の夜景を一望するラウンジエリア。バーカウンターに加え、テーブルやチェアも一新されました。

ラウンジエリア。大きな窓から銀座・汐留方面の夜景を一望できる(画像:第一ホテル東京)

 ラウンジ21では、ワインのラインナップに日本ワインを中心としているのが特徴のひとつです。日本ワインは近年、品質向上がめざましく、国際コンクールで数々の賞を受賞。世界的な評価も高まっています。

「日本ワイン」と呼ぶことができるのは、国産ブドウを100%使用し、国内製造されたワインだけです。同店の責任者は、「東京オリンピック・パラリンピック、万博など日本に注目が集まっている今、日本や日本のものの良さを改めて知っていただきたいという思いも込めて日本ワインを中心に据えました」と話します。

 日本ワインは常時30種類程度揃えているとのこと。国内各地から買い付け、なかには大分県の「安心院ワイン」や、岩手県の「くずまきワイン 蒼」など、東京ではあまり見かけないものもあるそうです。

ワインは日本ワインが中心で、常時30種類程度揃えているそう。ラインナップは日によって変わる(画像:第一ホテル東京)

 また、ワインのラインナップに合わせて、料理も一新されました。

「日本人が作るワインは非常に繊細であることから、日本食とのマリアージュに適するといわれています。そのため、和調味料や食材を取り入れ、日本ワインを引き立てる、さらに美味しく味わっていただけるメニューを意識した料理を提供しています」(前出の責任者)

和のテイストを取り入れたアラカルトメニューのひとつ、市田柿(いちだがき)のフロマージュとミックスナッツ 1350円(画像:第一ホテル東京)

 ラウンジ21に常駐しているソムリエによる、オススメのマリアージュを3つ紹介します。

お酒が飲めない人も楽しめる、和テイストを取り入れた美食の数々

 ひとつめは、ビーフシチューとジャパンプレミアム マスカット・ベーリーAのマリアージュ。

とろとろビーフシチュー 牛肉と根菜のマスカット・ベーリーA煮込み 2160円とジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA 972円/グラス(画像:第一ホテル東京)



 同ワインの大地のような香りが根菜類とマッチ。同じワインで煮込んだビーフシチューに和調味料のアクセントが抜群のマリアージュへ誘うといいます。

 ふたつめは、白身魚の昆布締めとジャパンプレミアム甲州。

白身魚の昆布締め デコポンのポン酢添え 1620円とジャパンプレミアム甲州 972円/グラス(画像:第一ホテル東京)

 和柑橘を感じる爽やかな香りとキリッとした酸味が特徴のワインで、昆布やポン酢など和素材を使った魚料理との相性抜群とのことです。

 3つめは、味噌風味のチキンレバーペーストと長野メルロー。

味噌風味のチキンレバーペースト バケット添え 1080円と長野メルロー 1350円/グラス(画像:第一ホテル東京)

 品種特有のスパイスやドライフルーツの香りがこの料理と絶妙にマッチ。レバーペーストに信州味噌を加えることにより、熟成感のある味わいも楽しめると話します。

 その他に、オマール海老のソテーディアブル風 アメリカンクリームソース、ポーチドエッグをのせたシーザーサラダ、スパゲティクリーム ペスカトーレ、パキスタンカレーなど、お酒が飲めても飲めなくても楽しめるアラカルトメニューがさまざまに揃います。

オマール海老のソテーディアブル風 アメリカンクリームソース 2160円(画像:第一ホテル東京)
ポーチドエッグをのせたシーザーサラダ 1080円(画像:第一ホテル東京)

 また、リーズナブルなコース料理や、コスパ最高のフリードリンク付き春の女子会プラン(5500円)や、春のパーティプラン(5000円)などもあります。

必見!フリードリンク最大4時間のお得で美味しい春の女子会プラン

 特筆したいのが、「春の女子会パーティープラン イヴェール -Hiver-」。いずれの曜日も、営業時間内で最大4時間のフリードリンク付きが5500円です。

春の女子会パーティープラン イヴェール -Hiver- の料理。フリードリンクのワインは輸入ワイン。写真は4人分で、ふたりの場合は「ハーブ香る丸ごとチキンの贅沢ロースト」が「鶏もも肉のロースト」に変更となる。要予約(画像:第一ホテル東京)



 フリードリンクは、スパークリングワイン、ビール、ワイン、ウイスキー、焼酎、スパークリングワインカクテル、カクテル、ソフトドリンクと種類豊富。

 料理内容は、アフタヌーンティースタイルで楽しむオードブル盛り合わせが、1段目に市田柿のフロマージュとソフトサラミ、2段目に白身魚の昆布締め デコポンのポン酢添え、3段目が味噌風味のチキンレバーペースト バゲット添え。その他に、カプリ風チョップドサラダ、サーモンのポアレ 胡麻クリームのグラチネ、ハーブ香る丸ごとチキンの贅沢ロースト、本日のパスタ、マシュマロのデザートピザ。これで利益は取れるのかと、大きなお世話ながら、心配してしまう内容です。

 男女問わず利用できる、フリードリンク付き春のパーティープラン(5000円)もあり、こちらは2時間制です。パーティープランのフリードリンク用のワインは、輸入ワインとなります。

 トップ、セカンド、メインのメニューからそれぞれ好きな一皿をセレクトし、3段のアフタヌーンティー風で楽しめる「アペタイザー・セレクション」(3780円)もオススメです。

アペタイザー・セレクション 3780円。1段目は味噌風味のチキンレバーペースト バゲット添え、2段目はサーモンとほうれん草のキッシュ、3段目はローストビーフ&粒マスタード入りマデラ酒のソース(画像:第一ホテル東京)

 さらに、ディナーコースも7品4590円〜とリーズナブル。

 アプローチエリアのワインウォールの向かいに日比谷方面の夜景を望む半個室があり、接待や少人数のパーティープラン利用にオススメです。また、ラウンジエリアでは窓側にカップルシートが用意されていて、デートにもぴったり。様々なシーンで利用できます。

 高層階の邸宅のような空間で東京の夜景を眺め、日本ワインと美食の数々とともに過ごす春の宵のひと時。日本の良さを改めて再認識するのではないでしょうか。

●第一ホテル東京 「ラウンジ21」
・住所:東京都港区新橋1丁目2番6号(21階)
・営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.)、ティータイム 14:30~17:00、ディナー&バー 17:00~22:30(L.O.)日祝 ~21:30(L.O.)
・アクセス:JR・東京メトロ銀座線「新橋駅」から地下歩道にて直結、徒歩約2分(新橋内幸町地下歩道D出口)、都営三田線「内幸町駅」から徒歩約3分、都営浅草線・ゆりかもめ「新橋駅」から徒歩約5分

●春の女子会パーティープラン、春のパーティープラン
・場所:第一ホテル東京 「ラウンジ21」
・時間:月〜土曜 17:00〜21:00(最終入店)、 日祝 〜20:00(最終入店)
・人数:2〜8名
※春の女子会パーティープランはいずれの曜日も最大4時間飲み放題(営業時間内)、春のパーティープランはいずれの曜日も2時間制。要予約
・予約・問い合わせ:03-3596-8619(直通)

※掲載の情報は全て2019年3月時点のものです。

関連記事