国内利用者4500万人、日本人はなぜ「リツイート」が好きなのか? SNS時代の今、考える

日本では約4500万人のユーザーがいるとされるTwitter。その特徴的な機能のひとつに、自分が得た情報をフォロワーに共有する「リツイート」があります。人々がリツイートをする理由について、中央大学文学部の辻泉教授が社会情報学の視点から考察します。


Twitterユーザーの多い日本社会

 日本は世界的にもTwitter(ツイッター)のユーザーが多いことで知られています。Twitter社が公表している月間ユーザー数でも、世界全体がおよそ3.3億人であるのに対し、日本は4500万人とおよそその7分の1を占めています(前者が2019年4月、後者が2018年12月のデータ)。

Twitterユーザーにとって「リツイート」はとても身近な行為(画像:写真AC)

 Twitterは他のSNSと比べても、その「ゆるさ」が特徴といわれます。アカウントの作りやすさやフォローのしやすさもそうですが、他にない特徴として、「リツイート」という機能が挙げられるでしょう。自分が得た情報をフォロワーに共有するだけの機能です。

 ここでは、なぜ人はリツイートをするのかということを考えてみたいと思います。

 大きく分けて、そこにはふたつの理由があるように思います。ひとつには、「善意の拡散」のためではないでしょうか。そして、もうひとつには、「いいね」を押すほどではないにしても、遠回しに賛成であることを示したいというような、「消極的賛成」のためではないでしょうか。後者のほうが、今日では主流であるように思います。

 これらの点について、日本社会でTwitterが急速に注目を集めることになった「あの日」の出来事、すなわち2011年3月11日の東日本大震災を思い出すことから考えてみたいと思います。

あの日からのTwitter

 あの日私は、東京の池袋にある大学で、会議に出席している最中に地震にあいました。テレビの速報で、大まかな被害状況は伝わってきましたが、詳細な情報はよく分かりませんでした。携帯電話やメールも通じず、家族とも連絡が取れないままでした。

 夕方になって、意を決して徒歩で帰ることにし、自宅の方向に向かって、ひたすら明治通り沿いを3時間ほど歩き続けました。バスはかろうじて動いていましたが、すごい人の数でとても乗ることはできません。公衆電話の前にも長い行列ができていました。

 そんな中、ほぼTwitterだけが滞ることなく機能していました。あまりにも長い時間、歩き続けるのも手持ち無沙汰だったので、その時の気持ちを投稿したりしながら、一方で、他のどのメディアよりも、有用な情報が交わされていたのを覚えています。

「どこそこに閉じ込められているので助けてほしい。誰でもいいからこの情報を拡散してほしい」という切迫した情報や、「〇〇小学校が避難場所として解放されているので、帰宅困難者の人はそこに行くといい」などといった情報が、リツイートされてきました。

 こうした人助けのための有用な情報が投稿されたのちに、いくえにもリツイートされて拡散されていく様子は、ノンフィクション作家レベッカ・ソルニットの書名の通りに、『災害ユートピア』(亜紀書房 、2010年)のようでした。そこでのリツイートはまさに「善意の拡散」のためのツールだったのです。

タテマエばかりのマスメディア、玉石混交のTwitter


2018年12月に実施された、「Twitterの利用」に関するインターネット調査の結果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190624_twitter_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_twitter_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_twitter_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_twitter_01-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画