“住みたい街”にコロナで異変! 2022年、突如ランクインしてきた「多摩境」って?

 毎年、さまざまなサイトで発表される“住みたい街”ランキングですが、近年のコロナ禍で“常連”の顔ぶれにも変化があるようです。今回は、その中でも、前年は圏外だったにもかかわらず、今年、トップ3にランクインした「多摩境」をご紹介します。


圏外から突如、人気急上昇…多摩境って知ってた?

 2021年12月、住宅ローン専門金融機関「ARUHI」が1都3県を対象にした「本当に住みやすい街大賞2022」を発表しました。

 毎年、発表が行われているこのランキング。2022年版では、昨年3位だった辻堂(神奈川県藤沢市)が栄えある第1位を獲得。第2位は、昨年1位から順位を下げてしまった川口(埼玉県川口市)。ということは、第3位は、昨年2位だった大泉学園(東京都練馬区)…とはいきません。ここでランクインしたのが、昨年は10位以内にすら入っていなかった、多摩境(東京都町田市)です。

「本当に住みやすい街大賞2022」トップ10(https://www.aruhi-corp.co.jp/cp/town_ranking/kanto/)




 多摩境があるのは、東京と神奈川の境、町田市。多摩境駅は、京王電鉄相模原線の駅の名称です。

「本当に住みやすい街大賞」のARUHIでは、多摩境を「商業施設と緑豊かなエリアが調和、リニア新駅で更なる発展が期待される郊外型ニュータウン」と評しており(「本当に住みやすい街大賞2022」サイト)、実際、多摩境駅の周辺には大きなマンションが建ち並んでいます。

 多摩境が突如、人気になった理由は何でしょうか。そこには、コロナ禍ならではの事情があるようです。

東京23区の人口、初の転出超過

 総務省の発表によると、2021年、東京都全体での「転入超過」は5433人で過去最少を更新。東京23区は初めて、転出が転入を上回り、1万4828人の「転出超過」となりました。23区では、コロナ禍前は5万人程度の転入超過で推移してきたため、人の流れが大きく変わっていることが分かります。

 1年間で1万人もの人が23区外に“出ていった”背景には、まず第一に、新型コロナの影響で、IT企業を中心にリモートワークが進み、居住地の制限をなくす企業が増えていることが挙げられるでしょう。出社することなく、自宅にいながらにして仕事ができれば、通勤に便利な場所にこだわる必要がなくなり、都市部よりも自然豊かで、物価も安い傾向のある郊外を選ぶ人が増えるのは必然と言えます。

 とはいえ、リモートワークは、労働者の全員に許されているわけではありません。エッセンシャルワーカーなどにとっては縁遠い話です。東京23区から人々が“脱出”した理由は、リモートワークの普及だけでなく、単純に「コロナで収入が減り、都心の高い家賃に耐えられなくなった」という側面もあると言えます。

 実際、不動産経済研究所が発表した「新築分譲マンション市場動向 2021年のまとめ」によると、23区の平均価格は前年比7.5%アップと、かなり高騰しているのが分かります。郊外への引っ越しを検討するには十分な理由になり得るでしょう。

高い家賃を払ってまで、都心で働き続けるメリットがコロナにより薄れた(画像:写真AC)

 いずれにしても、住みたい街、人気の街が変化し、実際、東京23区から1万人もの人が転出した背景には、コロナの影響が色濃く出ていることは間違いないと言えます。

そんな中で、なぜ今、「多摩境」なのか


この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/03/tamasakai-150x150.png
/wp-content/uploads/2022/03/2598790_s-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/pixta_65804691_S-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/1767251_s-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画