都内最大級の巨大神輿が見られる「鳥越祭」、周辺グルメも外せない!

台東区鳥越にある鳥越神社で、毎年6月に行われる鳥越祭。「千貫神輿(せんがんみこし)」と呼ばれる、都内最大級の巨大神輿が有名です。下町育ちのライター・川崎晴代さんが、鳥越の街と鳥越祭の魅力を紹介します。


都内最大級の神輿の重さは約4トン

 都営浅草線「蔵前駅」から歩いて約5分の鳥越神社(台東区鳥越2)。651(白雉2)年創立と伝えられる、伝統ある神社です。ここで毎年6月に行われる鳥越祭では、各町会が誇る町会神輿(みこし)と、「千貫(せんがん)神輿」と呼ばれる本社神輿が下町の風景のなかを威勢良く進みます。

鳥越祭の様子(2017年、川崎晴代撮影)

 鳥越祭の魅力は、なんといっても、圧倒されるほど大きな本社神輿でしょう。この本社神輿は約4トンの重量を誇ることから千貫神輿と呼ばれるようになりました。「貫」とは、重さの単位のことで、1貫は約3.75キログラム、千貫は約3750キログラム(約4トン)です。同じく神輿の迫力で有名な浅草・三社祭の神輿が1トンですから、その4倍と考えるとかなり重たく、大きいことが分かります。

「大きく重い」ことを表して、ほかにも千貫神輿と名乗る神輿は存在しますが、戦前より都内随一の重さを誇る鳥越祭の大神輿は、「元祖」千貫神輿といわれています。

 鳥越祭は、地元の人々に愛されているだけでなく、担ぎ手にも大人気の祭りです。下町出身で、都内のいくつもの神輿を担いだことがある筆者にとっても、鳥越祭の千貫神輿は特筆すべき存在です。

 ただでさえ大きく重たい神輿なのですが、その大きさに対して担ぎ棒が太く短いため、神輿を担ぐ人数が限られてしまいます。つまり、ひとりにかかる重さが大きいので、担ぎ手は気合いを入れて担ぐ必要があるのです。

 高校生の頃に初めて担いだ時、神輿の大きさもさることながら、腕が回りきらないほどの太い担ぎ棒と、肩にかかるずっしりとした重さに驚きました。しばらく肩が痛くて、学校で友達に呼ばれた時に肩を叩かれて悲鳴をあげた思い出があります。下町の子供の間では、お祭りの後にふざけて肩を叩くのがおきまりの遊びになっています。

見学のポイント


【写真】鳥越神社の千貫神輿と境内の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190523_torigoe_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190523_torigoe_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190523_torigoe_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190523_torigoe_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190523_torigoe_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190523_torigoe_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190523_torigoe_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画