下高井戸から川沿い歩いて吉祥寺へ でもって、東急裏の銭湯で身も心もサッパシスッキシの巻【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(3)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。リニューアルした本連載、第3回は、杉並区の下高井戸からスタートです。


スーパー銭湯よりもやっぱり銭湯?

 京王井の頭線と世田谷線の終点駅がある下高井戸。駅を出て飲食街を抜けて甲州街道へ。

 その「下高井戸駅入口」っつう信号を渡ると、向こう側に緑道というか公園道みたいな有り難い散歩道があります。

 ふーん、1971(昭和46)年開場の「玉川上水路敷」ねぇ。これはいいやってんで左へズズッと歩き始めます。

 なるほど、どこまで続くのか? それにしても、あんまり手入れされていない感じ。ん?何々? 犬を連れた散歩はお断りってか。

 見れば、確かに犬を連れた人たちはこの緑道に沿った歩道を歩いてる。

 まぁいいや。

 とにかくこの道をタラタラ歩いて、散歩を満喫させていただきましょう! てんで進んでいると、アラアラまた甲州街道に出ちゃいます。

「上北沢入口」って所で道が途切れちゃいました。

 やむを得ず右に折れて、そうそう川に出て川沿いを歩くことに。

 つまりようするに何となく吉祥寺に向かっているわけですよ。

 というわけでたどり着いたのが、下高井戸5-26っつう所にある「どうのしたばし」。ここから川沿いに左へ。

 いやぁこの川沿いの道もなかなかの散歩コースですよ。

 しばらく歩き続けてっと、おぉっと井の頭線の高井戸駅に出ちゃいました。

 そういえば、環八(カンパチ)を渡って右に行くとスーパー銭湯がありましたな。

 確か「美しの湯」だったっけ。

 けっこう歩いたからここに入ろうかとも思ったんだけど、スーパー銭湯だから、料金的に高いのよね、露天もいろいろあっていいんだけど。

 でも私はせっかくだから、もうちょい頑張って川沿いを進みます、もぉ汗だくですよ。

 でも、何とか見えてきたのが井の頭公園。

 この風景と人を観賞しながら、吉祥寺駅にたどり着き、駅反対側の東急の裏にある「弁天湯」(武蔵野市吉祥寺本町)に向かいます。

武蔵野市吉祥寺本町の銭湯「弁天湯」の外観(画像:島本慶さん制作)

 ちなみに「よろづ湯」ってのもあったけど、外観があまりにも渋すぎるから、やっぱ弁天湯に入ることに。

 あ~疲れた。久々に長い距離歩いたねぇ~。

ぬるめの薬湯でまったり


【地図イラスト】今回の「散歩コース」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200902_benten_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_benten_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_benten_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_benten_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画