狛江市「お湯どころ野川」はキラキラ電飾と猫好きにはたまらない住宅地のオアシスだった【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(15)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。第15回は、世田谷区の喜多見駅からスタートです。


喜多見駅から徒歩15分

 喜多見駅の北口を出て左へ。

 さらに駅沿いに左へしばらく歩くと、駐車場とファミリーマートが目に入り、その駐車場の手前を右へ。真っすぐ細い住宅街を歩きます。

 まぁ、散歩を兼ねてますから私(島本慶、コラムニスト)はのんびりとテクテク。

 そうねぇ、15分くらいは歩いたでしょうか。

 住所が表記された物が目に入り、そこには狛江市東野川1丁目31とあって、そこを左へ曲がってちょいと進むと左側にお目当ての「お湯どころ野川」(狛江市東野川)があります。

 看板にはジェットバス、ジェットショルダーバス、遠赤外線サウナ、冷水風呂、和・洋露天風呂と書かれてます。ん? 窓からなかに何やらキラキラした飾りが見えます。

 まぁいいや、とにかく入りましょうってんで靴を脱いでげた箱へ。

天井にクリスマスツリーの電飾が

 フロントで470円を払い、チラ見すっと、フロント前はくつろぎ所というか、ゆったり座れるソファにテレビがあって、このときはオリパラ前でオールスターベースボールをやっとりました。

 ところでここは珍しく、ロッカーのキーをフロントで渡されます。出るときはそれを返すというわけですな。

 てなわけで服を脱いで、おや? 何だかこの脱衣場、少し薄暗い感じ。ふと天井を見るとおやおやキラキラした画像が映されています。ふーん、これは子どもたちや女性には喜ばれるでしょうなぁ。

 それと、植物というか、おそらく人工植物でしょう、鏡の上とか、壁にあしらわれています。うーん、ひょっとして女性経営者? ってな雰囲気。まぁ悪くないですよ。こういう気遣いは大事ですからねぇ。

狛江市東野川にある銭湯「お湯どころ野川」(画像:島本慶さん制作)

 さぁそこで洗い場に入るとですよ。おぉ!天井というか頭の上に、それこそギンギンギラギラってことはないか、キラキラ輝くあのクリスマスツリーに飾る電飾が。へーえ、ここまでやるのか、見上げたもんです。

心地良いぬるさの露天風呂


【地図】今回登場する「お湯どころ野川」の場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210818_sento_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sento_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sento_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sento_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sento_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210818_sento_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画