奇才・椎名林檎の1stアルバム『無罪モラトリアム』 曲順通りに聴くと浮かび上がる“メッセージ”とは

1998年のデビュー以来、四半世紀近くにわたって常に時代のトップを走り続けてきた奇才、椎名林檎。彼女の目に映る「東京」という街は、この間どう変化してきたのでしょうか。音楽ライターの松本侃士さんが歌詞を読み解きます。

/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_05.jpg
「丸の内サディスティック」の歌詞に登場する丸ノ内線
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_06.jpg
「闇に降る雨」の歌詞に登場する東西線
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_07.jpg
「やっつけ仕事」の歌詞に登場する銀座線
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_08.jpg
「ブラックアウト」の歌詞に登場する山手線
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_01.jpg
2019年11月に初のベスト盤『ニュートンの林檎』を発売。極めて幅広い世代から支持を集めるアーティスト椎名林檎(画像:ユニバーサルミュージック)
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_02.jpg
丸ノ内線が走る御茶ノ水。椎名林檎の曲を聴いて現地を訪れたというファンも(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_03.jpg
椎名林檎が2ndシングルの題材に選んだのは新宿・歌舞伎町だった(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/07/210731_ringo_04.jpg
東京で最も華やかな街のひとつ、銀座(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×