クマを縛って持ってきた人も! 東京下町の台所を支えた「行商人」を振り返る

かつて街なかで見かけた行商人。持ち歩いて販売するその商品は、かつて実に多彩でした。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_04.jpg
大きな荷物を背負って電車を待つ「かつぎやさん(行商の女性)」たち。東京・台東区の日暮里駅にて。1965年9月撮影(画像:時事)
/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_01.jpg
現在も残る石焼き芋の行商人(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_02.jpg
新鮮な豆腐のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/02/210216_gyosho_03.jpg
『江東ふるさと文庫6 古老が語る 江東区のよもやま話』(画像:江東区)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×