「ノーサイド・ゲーム」も好調 池井戸作品はなぜ共感を呼ぶのか? 東京目線で考える

現在放送されている池井戸潤さん原作のドラマ「ノーサイド・ゲーム」が3話連続で視聴率2桁キープするなど好調です。これまでにも「半沢直樹」「ルーズベルトゲーム」「下町ロケット」などをヒットさせてきた池井戸さんですが、なぜこれらの作品が視聴者の共感を呼ぶのでしょうか。その理由を法政大学大学院政策創造研究科教授の増淵敏之さんが解説します。


聖地巡礼の持つ力とは

 映画やアニメなどのコンテンツ作品が引き起こす現象のひとつに、いわゆる「聖地巡礼」があります。聖地巡礼はこの数年、地域振興と結びつけて語られることが多くなっています。

 確かに地域振興と結びつければ、来街者が増えることで経済効果も期待できるでしょう。しかし聖地巡礼はあくまで、作品を見た個人の作品に対する感動や共感から始まるもので、「誰も知らない場所」を「誰でも知っている場所」に変える力があります。

社会人ラグビーを描いたドラマ「ノーサイド・ゲーム」のイメージ(画像:写真AC)

 一方、聖地巡礼にはマイナスの効果を生じる可能性もあります。地域住民の生活圏が観光圏に組み込まれるからです。まち歩きは個々の自由ですが、立ち入り禁止の場所に入ったり、大勢で押し寄せたりするべきではありません。

 テレビドラマでいえば、2016年のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」放送時に、ファンがドラマのロケ地であるマンションを訪れて、写真を撮影したり、住居スペースに入ったりするなどの迷惑行為を行い、公式サイトで注意喚起がなされていました。

 さて東京を描いたテレビドラマは膨大にありますが、個人的に小説家・池井戸潤さん原作の作品に関心を寄せています。なぜかというと、現在大学教員である筆者(増淵敏之。法政大学大学院政策創造研究科教授)は十数年前まで、会社勤めの日々を送っていたからです。

 組織の中の自己実現物語というか、壁にぶつかりながら理想や夢に一歩でも近づこうとする主人公への共感といいましょうか、少々、懐かしい気持ちで観ることになります。小説自体はもちろん面白いので、好セールスに結びつく理由もわかりますが、テレビドラマはテレビドラマならではの、違った面白さがあるように思います。

池井戸作品に登場する風景


【原作からドラマ版までイッキ見したい作品】ランキングを発表! 10~60代の男女11万130人の回答を集計(2019年4月時点)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_04-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_05-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_02-150x150.png
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_03-150x150.jpg

New Article

新着記事