新大久保を断じて「コリアンタウン」と呼べない根本理由

韓流ファンで日々にぎわいを見せる新大久保。そんな同エリアですが、アジア専門ライターの室橋裕和さんは「コリアンタウンではない」と言います。いったいなぜでしょうか。

/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_06.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_07.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_08.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_09.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_10.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_11.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_12.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_13.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_14.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_15.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_16.jpg
平成から明治初期までの、現在の新大久保周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_01.jpg
週末になると観光客が殺到する新大久保の韓流エリア(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_02.jpg
コロナ禍で激減した観光客も、少しずつ戻ってきている新大久保(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_03.jpg
いま新大久保で人気なのは、ハットグよりも韓国風のマカロン?(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_04.jpg
ここは韓国人ビジネスマンがしのぎを削るビジネスの街でもある(画像:室橋裕和)
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_05.jpg
ハットグの人気も一時よりは落ち着いた(画像:室橋裕和)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×