分厚い唇を「キン肉マンみたい」と馬鹿にされた少女がコンプレックスを克服するまでの30年

人は誰しもひとつやふたつ、自分の顔や外見にコンプレックスを抱いているもの。女性の場合は特にそう。でもなぜ、人はコンプレックスを抱くのでしょう。そしてどうすれば克服できるのか。ライターの古宮宗さんが、ひとりの女性の体験を通して考えます。

/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_06.jpg
20~50代の女性を対象に行われた「顔のコンプレックス」に関する意識調査の結果(画像:アイシービー)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_07.jpg
20~50代の女性を対象に行われた「顔のコンプレックス」に関する意識調査の結果(画像:アイシービー)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_08.jpg
20~50代の女性を対象に行われた「顔のコンプレックス」に関する意識調査の結果(画像:アイシービー)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_09.jpg
20~50代の女性を対象に行われた「顔のコンプレックス」に関する意識調査の結果(画像:アイシービー)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_01.jpg
誰しもひとつくらい、自分の顔にコンプレックスがあるもの。彼女の場合、それは厚い唇だった(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_02.jpg
人気作だった「キン肉マン」。とはいえ唇が「似ている」とからかわれた少女の気持ちはいかほどか(画像:(C)ゆでたまご/集英社、三栄)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_03.jpg
タラコ。たわいないその日常単語に、いちいち反応し傷ついていた少女がいた(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_04.jpg
厚い唇は「セクシーで魅力的」と評価されるように。時代を経て人々の価値観が変化した(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/06/200618_complex_05.jpg
東京や海外、広い世界へ飛び出せば、価値観も評価も変わるもの(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×