出生率ワースト1位なのに都心の子どもだけが今も増え続ける東京事情

合計特殊出生率が全国最下位の東京。その一方、就学児童の数は過去20年間で増加傾向にあるといいます。いったいなぜでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_08.jpg
2018年の合計特殊出生率の都道府県別順位(画像:厚生労働省のデータを基にULM編集部で作成)
/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_01.jpg
合計特殊出生率の年次推移(画像:東京都)
/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_02.jpg
東京都の出生数の推移(画像:東京都福祉保健局のデータを基にULM編集部で作成)
/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_03.jpg
東京都の区部と市部の出生数の推移(画像:東京都福祉保健局のデータを基にULM編集部で作成)
/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_04.jpg
転勤による引っ越しのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_05.jpg
都心の豊洲のマンション群(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_06.jpg
郊外の住宅街のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/06/200612_kodomo_07.jpg
東京の雑踏のイメージ(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×