夏のべたべた&ダメージ髪を解消!人気の「シャンプーバー」3選 【銀座】

  • ビューティー
  • 日比谷駅
  • 有楽町駅
  • 銀座駅
夏のべたべた&ダメージ髪を解消!人気の「シャンプーバー」3選 【銀座】

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

サステナブルを意識しだした若い世代の女性たちの間でも、じわじわとブームになりつつあるシャンプーバー。余計な合成保存料が使われていないため、敏感肌にも優しいというメリットもあります。エアコンで乾燥したり紫外線でダメージを受けるこの季節、まだ使ったことのない方はも、ぜひ試してみる価値あり!銀座エリアで見つけた、夏にぴったりなシャンプーバーをご紹介します。 

さっぱりするけどゴワゴワしない!環境にも人にもやさしい仕上がりが◎

最近よく耳にするシャンプーバーという言葉。実は固形シャンプーのことです。

プラスチックフリーでゴミを削減でき、製造時に液体シャンプーと比べ、99%水をカットできるという、エコな製品なのです。フランスをはじめとするヨーロッパのエコ先進国を中心に人気が高まっています。最近日本でもシャンプーバーを目にする機会が増えてきました。

でも、まるで石けんのような見た目のシャンプーバーで髪の毛を洗うって、なんとなくきしんだり、洗い上りがごわごわするイメージがありませんか。そんなイメージを払拭できるシャンプーバーを有楽町のショップで見つけました。

今回は、夏にぴったりなさわやかな仕上がりのシャンプーバーを3種類ご紹介します。サクッと仕事帰りにショップに寄って、お気に入りのシャンプーバーを手に入れませんか?

ルミネ有楽町店で見つけた夏におすすめのシャンプーバー

21:00までオープンしている「ルミネ有楽町店」。東京メトロ銀座駅や日比谷駅、有楽町駅からも近く、仕事帰りでも気軽に立ち寄れます。「ルミネ1」ではコスメショップが充実しており、何件かハシゴしながら商品をチェックできるのが魅力です。スタッフに相談しつつ、自分にあった商品を選びましょう。

Cosme Kitchen有楽町店/「シャンプーバー ミンタジー」ethique(エティーク)

サンフランシスコのオーガニックライフをイメージさせる「Cosme Kitchen有楽町店」。ナチュラルカジュアルな店内には、世界中から選ばれたオーガニック&ナチュラルアイテムがそろいます。

ダメージヘアに水分・油分を与えながらさっぱり洗えるethiqueシャンプーバー (画像:株式会社ピー・エス・インターナショナル プレスリリース)



今回ご紹介するのは、こちらで取り扱っている「ethique(エティーク)」のシャンプーバー。ニュージーランド発祥の固形シャンプーバーで、地球に優しいエコな商品として2012年には発売されました。海外セレブが愛用し、インスタで紹介したことからブームになりました。100%天然由来の原料を使い、ノンシリコンで環境や健康に悪い15の成分を使用していないというこだわりの商品です。

紫外線など髪のダメージが気になる夏におすすめなのが、ココナッツオイルとカカオバターを配合した「シャンプーバー ミンタジー」です。エアコンで乾燥したり紫外線でダメージを受けた髪に潤いを与えつつ、ペパーミントオイルが頭皮に清涼感を与えます。フレッシュなミントの香りとペパーミントカラーが、爽やかなバスタイムを演出してくれます。

SABON(サボン)ルミネ有楽町店/「リソッドシャンプー」SABON

イスラエル発のナチュラルコスメブランド「SABON(サボン)」。高品質な自然由来成分を使った製品や、その美しくエレガンスなデザインが世界中で支持されています。アンティーク家具やシャンデリアが配置されたラグジュアリーな店内では、すべてのアイテムを実際に試すことができます。

自然由来成分91%のヴィーガン処方「リソッドシャンプー」(画像提供:SABON)

今年の春に「SABON(サボン)」から新たに誕生したのが、シャンプーバー「リソッドシャンプー」です。自然由来成分91%のヴィーガン処方(動物性原料を含まない)で、厳選されたオーガニックボタニカルオイルをぜいたくに配合しています。きめ細やかな泡が汚れや余分な皮脂を落とし、夏の頭皮のベタつきをすっきりさせます。上品で清々しい「デリケート・ジャスミン」と、透明感あふれる「グリーン・ローズ」の2種類の香りから選べます。

コンパクトなサイズ感ですので、旅行やジム、サ活への携帯にも便利です。

made in Japanの実力を実感する

日本人の体質にあったものを探すなら、made in Japanのシャンプーバーがおすすめです。素材や成分、製造工程にも細心の注意を払って造られた、日本製シャンプーバーの実力を実感しましょう。

プラスニドMARUNOUCHI(マルノウチ)

冷えに悩む女性の体感温度を2度あげるというコンセプトの「プラスニドMARUNOUCHI」。2021年3月、有楽町駅のすぐ近くに直営店がオープン。2022年には最高級の素材・幸福感・満足感を追求した「プラスニドコレクション」に、こだわりのシャンプーバーが加わりました。

髪に良い成分を固めた、宝石のように透明感のあるシャンプーバー(画像提供:プラスニド)

60%が洗浄成分というシャンプーバーを泡立てると、驚くほど濃密な泡ができます。毛穴にしっかり届いて過剰な皮脂を落とし、夏にぴったりなさっぱりとした洗い心地を味わえます。従来の固形シャンプーで髪がきしむのは、アルカリ性だからだそうです。

「プラスニド』のシャンプーバーにはアミノ酸系成分を配合し弱酸性にして、キシキシ感をなくし指通りを良くしました。乾かすときに、サンフラワーオレンジのアロマがふわっと香ります。「洗い上りの幸せ」だけを考えて作ったという意味がわかるような気がします。

夏のギフトに最適な、涼しげなパッケージ(画像提供:プラスニド)

こちらのシャンプーバーは、「へちませっけんトレイ」とセットになっています。夏のプチギフトとしても使いたくなる素敵なセットです。

コスパもよくて髪にも優しい!

髪に不要な成分を配合せず、人にも優しく環境にも考慮したシャンプーバーは、これからもどんどん注目されていくことでしょう。実は、シャンプーバーはコスパにも優れています。例えば、はじめに紹介したethiqueの「シャンプーバー(110g)」は、「液体シャンプー(350ml)」3本分の成分が凝縮されているそうです。小さい見た目ですが、液体シャンプーよりもずっと長く使うことができます。

ひとつだけ注意していただきたいのが、湿度が高くて高温だと、シャンプーバーが溶けてしまうという点です。特に夏場はバスルームに放置しておくと溶けてしまい、がっかりすることになります。風通しの良い洗面所に移したり、水気をとってケースに入れて保管してくださいね。

メリットがいっぱいのシャンプーバーを、この夏から使いはじめませんか。仕事帰りに銀座のショップでお気に入りを見つけましょう。

■Cosme Kitchen ルミネ有楽町店
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町ルミネ1 1F
TEL:03-6273-4450
アクセス:東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線 銀座駅より徒歩1分

■SABON ルミネ有楽町店
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町ルミネ1 1F
TEL:03-5222-1579
アクセス:東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線 銀座駅より徒歩1分

■プラスニドMARUNOUCHI
住所: 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F
TEL:03-6822-6210
営業時間:11:00~18:00
定休日:木曜・日曜
アクセス:東京メトロ銀座線、JR有楽町駅より徒歩1分

関連記事