千葉・旭市に「新業態イオン」誕生!――「病院併設型」とは果たして「病人向け」なのか…!?

都内では郊外を中心に店舗を展開し、地元民に愛されるイオンショッピングセンター。そのおひざ元である千葉県にこれまでとは違スタイルの店舗「イオンタウン旭」がオープンします。同施設の特徴について都市商業研究所の若杉優貴さんに解説してもらいます。


旭市に2店目のイオン誕生、果たして棲み分けは…?

 千葉県旭市に、市内2店舗目のイオンショッピングセンターとなる「イオンタウン旭」が2022年4月23日に開業しました。

4月23日に開業した「イオンタウン旭・イオン旭中央店」。チーバくんも来店! 官民連携で生み出されたのは「病院併設型のイオン」だった…?(撮影:藤井瑞起)




 このイオンタウン旭、市内にあるもう1つのイオンと棲み分けを図るべく、これまでのイオンのショッピングセンターとは少し違った機能を備えているといいます。果たしてどのような店づくりとなったのでしょうか。

官民連携で「病院利用者のためのイオン」誕生!

 このイオンタウン旭の出店は、地元・千葉県旭市とイオンタウンや大和ハウス工業などのグループが官民連携により推進している事業計画「生涯活躍のまち・あさひ」に基づくもので、出店先は総合病院「国保旭中央病院」となりの農地跡。周辺では今後福祉施設などの整備も進められる予定となっています。イオンタウンの建物は地上2階建て、延床面積14,533㎡、総賃貸面積11,739㎡。
 旭市内には1982年に開店したスーパー「イオン旭店」を核店舗とする「旭サンモールショッピングセンター」(店舗面積15,074㎡)があるため、イオンを核とするショッピングセンターは2店舗目。この旭サンモールには映画館やゲームセンターも設けられており、40年もの長きに亘って多くの若者や家族連れに愛されてきました。ちなみに「サンモール」とは言うまでもなく「旭」に由来しています。

「イオンタウン旭」位置図。(イオンタウン・ニュースリリースより) 「イオンタウン旭」の北側には「イオン旭店」の文字。その距離、僅か1キロほど。

 一方、今回開業したイオンタウン旭はサンモールから直線距離で南に僅か1キロほど。こちらもスーパー「イオンスタイル旭中央店」を核としており、一見すると同じ商圏に似たような商業施設が2つできるように思えます。
 しかし、このイオンタウン旭はサンモールとは大きく異なり、そのコンセプトは「地域とともに『楽しく健康になる』ためのまちづくり―ウェルネスタウンASAHI」。そう、同店は総合病院が隣接することを活かし、メインターゲットの1つを「病院を利用する人」として、それに対応した店づくりに力を入れた「ウェルネス重視」の新業態なのです。

総合病院に隣接して建てられたイオンタウン旭・イオン旭中央店。 「医療機関併設型に」という地元の要望に対し、イオンが採った対応とは?(撮影:藤井瑞起)

病院利用者向け=病気の人専用ではない!


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/04/1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/2-150x150.png
/wp-content/uploads/2022/04/3-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/4-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/5-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/6-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/7-1-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画