美しいアーチが印象的な総武線「隅田川橋梁」 実は作られた当時「田舎っぽい」と大不評だった!

隅田川の東西をつなぐ鉄橋で、美しいアーチが印象的な総武線「隅田川橋梁」。そんな同橋ですが、実はかつて散々な評判でした。鉄道ライターの弘中新一さんが解説します。


1932年に完成した総武線隅田川橋梁

 JR総武線の前身である総武鉄道が、千葉県の市川駅から西へ路線を延伸し、両国橋駅(現・両国駅)を開業したのは1904(明治37)年です。その後、隅田川を渡り御茶ノ水駅まで路線が開通したのは1932(昭和7)年です。その際、隅田川の東西をつなぐ鉄橋「隅田川橋梁」が作られました。

総武線の隅田川橋梁(画像:写真AC)

 それから戦争を挟み、35年後の1967年には、東京メトロ東西線の大手町~東陽町間が開通しています。

 東西線は隅田川を、鉄橋ではなく川の下をくぐって通過していますが、これはようやく総武線の鉄橋ができて隅田川を越えたのをリアルタイムで見ていた人にとっては、予想できない出来事だったようです。昭和40年前後の文献には、その驚きが感慨深げに記されています。それまでは一度乗り換える必要があったため、インパクトは大きかったのでしょう。

 鉄橋の架かっている場所は、昭和の終わり頃まで「百本杭のあった辺り」として地元民に認識されていました。百本杭とは、岸に近くに数多く並べられた波よけの杭のことです。

 隅田川は現在の鉄橋が架かっている南北で大きく湾曲しているため、水の流れが力強く、また水量の多いときには洪水の恐れもあったため、百本杭が護岸を守るために打たれていました。

 一方、百本杭は魚の集まる場所でもありました。今でこそ隅田川の釣り人はキャッチアンドリリースばかりですが、江戸時代の隅田川の魚は釣ってよし、食べてよし。江戸時代には両国周辺でもクロダイや白魚が当たり前に捕れ、大正の頃でもテナガエビやボラが釣れるなど、あちこちから釣り人が集まる人気の場所でした。

 このあたりからは、歌川広重の『名所江戸百景』にも描かれた首尾の松(台東区蔵前にある松)や、柳橋、上流の駒形堂まで見ることができたといいます。往時の釣り人たちは大物を狙いながら、のんびりと釣り糸を垂れていたのでしょう。

大画家から「田舎鉄橋」呼ばわり


【画像ギャラリー】総武線の隅田川橋梁

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_sobu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画