成城石井のワインバーで味わえる特別な白ワイン「ヌーヴォ」と新感覚チーズフォンデュ

2018年9月19日

お出かけ
ULM編集部

南半球では、2〜3月に収穫したブドウを使って醸造した新酒ワイン「ヌーヴォ」が6〜7月に出荷されます。成城石井プロデュースのワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」でこのヌーヴォの白ワインとのマリアージュにぴったりの、冷静チーズフォンデュ食べ放題を実施しています。


成城石井が直輸入 「南半球ヌーヴォ」との新しい食提案

 フランスのボージョレ・ヌーヴォは11月に発売されますが、南半球ではブドウの収穫時期が逆になるため、2〜3月に収穫したブドウを使って醸造した新酒「ヌーヴォ」が6〜7月に出荷されます。
 
 成城石井では、ニューワールド(ヨーロッパの伝統的ワイン生産国以外の生産国)のワインのコストパフォーマンスと世界的評価の高さに着目し、10年以上前より毎年夏に南半球の国々からヌーヴォを直輸入しています。新酒を祝う習慣がある国は少ないなか、直輸入している特別なワインであり、同社の風物詩のひとつとして定着しつつあるといいます。

イスラ・デ・マイポ ソーヴィニョン ブラン ヌーヴォ(画像:成城石井)。

 2018年の“南半球ヌーヴォ”のなかから成城石井が選んだのは、チリ産の「イスラ・デ・マイポ ソーヴィニョン ブラン ヌーヴォ」、同じくチリ産の「イスラ・デ・マイポ カベルネ ソーヴィニョン ヌーヴォ」、南アフリカ産「イムブコ シュナンブラン ヌーヴォ」の3種類。

「イスラ・デ・マイポ ソーヴィニョン ブラン ヌーヴォ」は、活き活きとして爽やか、フルーティーな果実味とキレのある酸味が持ち味。「イスラ・デ・マイポ カベルネ ソーヴィニョン ヌーヴォ」は、ヌーヴォならではのフレッシュ感を味える柔らかなボディの赤ワイン。「イムブコ シュナンブラン ヌーヴォ」は、南アフリカを代表する白ブドウ「シュナンブラン」単一品種から造られ、南国フルーツを思わせる爽やかな香りと、ヌーヴォならではのフレッシュな果実の風味が特徴だといいます。店頭販売価格はいずれも1290円(税抜)です。

 これらは、同社プロデュースのワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」で、グラス売り(1杯680円)で味わうこともできます。また、同店(全6店舗)ではチリ産の白ヌーヴォとのペアリングメニューとして、期間限定の新メニュー「冷製チーズフォンデュ」を食べ放題で提供しています。

「冷製チーズフォンデュ」とチリ産白ヌーヴォの相性を試してみた

 通常は熱々で食べるチーズフォンデュを、冷製で、しかも熟成チーズではなくフレッシュチーズを使って白ヌーヴォと合わせるという新しい食提案。その相性はいかにと、麻布十番店を訪れました。

 まずは、キリッと冷えた「イスラ・デ・マイポ ソーヴィニョン ブラン ヌーヴォ」をひとくち。ヌーヴォらしい果実味と爽やかな香りが立ち、スッキリとした優しい口あたりが料理に合わせやすいと感じられました。今年のチリは例年に比べて気温の低い日が多かったため、同ヌーヴォはハーブのニュアンスが強く出ているとのことです。

イタリア産マスカルポーネとリコッタの冷製チーズフォンデュ(画像:成城石井)。

 一方の自家製チーズフォンデュソースは、軽くてさわやかな風味を持つ「マスカルポーネチーズ」と、ミルクの自然な甘さがほんのり残る「リコッタチーズ」を使用。北海道純生クリーム、アンチョビ、青森県産田子にんにくに、レモン果汁を加えて、乳の味わいとコクを残しながらもさっぱりとした風味に仕上げています。

 ソースにからませる食材は、成城石井が直輸入するエビ、野菜作りに適した気候と土壌といわれる三浦半島の青木農園直送の旬野菜に、成城石井の職人が焼き上げたバケットです。クリーミーなフォンデュソースはアンチョビの塩気がほんのりと効いていて、食材の味わいを引き立てます。

 フォンデュとワイン双方のスッキリとした味わいの相乗効果が、絶妙なペアリングであることに納得。蒸し野菜たっぷりのメニューで、ハッピーアワーの気軽な集まりにも、ディナー前の軽くつまみながらの1杯にも使えそうです。

「冷製チーズフォンデュ食べ放題」は9月末までだそうですが、「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」のメニューに使われている食材の7割程度が、スーパーの成城石井で購入できるとのこと。白ヌーヴォと冷製チーズフォンデュを家飲みで味わうのも一興といえます。3種類のヌーヴォは在庫がなくなり次第、販売終了するそうです。

●「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」
「イタリア産マスカルポーネとリコッタの冷製チーズフォンデュ食べ放題」概要
・実施店舗(全店):麻布十番店、神谷町店、アトレ恵比寿西館店、ビナガーデンズ海老名店、関内店、横浜ベイクォーター店
・開催時間:平日アイドルタイム限定15:00〜18:00(L.O.) ※神谷町店のみ土日祝日も開催、関内店は14:00から開始、麻布十番店は16:00〜19:00開催。
・料金・制限時間:ひとり1280円(税別)、60分
※16:00以降は別途テーブルチャージ300円が必要。
・利用条件:ワンドリンク制(ハッピーアワーは「イスラ・デ・マイポ ソーヴィニョン ブラン ヌーヴォ」を1杯500円で提供)
※2018年9月現在の情報です。


New Article

新着記事