98年前の悲劇――関東大震災で消え去った幻の「鍋島本邸」をご存じか

今年も間もなく防災の日(9月1日)がやってきます。それを機に、関東大震災が残した爪痕について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


「9月1日」の持つ重み

 間もなく9月1日を迎えます。9月1日は関東大震災(1923〈大正12〉年)が起きた日であり、それらを後世へと語り継ぐため、教訓とするために防災の日に制定されています。そして、全国の学校や職場では不測の災害に備えて防災訓練が実施されます。

 東京都慰霊堂(墨田区横網)は、関東大震災の死者と東京大空襲の犠牲者を慰霊する施設です。毎年3月10日には東京大空襲の、毎年9月1日には関東大震災の大法要が営まれています。

墨田区横網にある東京都慰霊堂(画像:写真AC)

 地震で家が倒壊してしまった被災者たちは、火の手から逃げなければなりませんでした。家財道具を背負い、逃げる場所を探していたのです。

 東京都慰霊堂は横網町公園内に建立されていますが、関東大震災が発生した1923年には陸軍被服廠(しょう)が移転して広大な空き地になっていました。そんなこともあり、多くの市民が陸軍被服廠跡地を避難場所として考え、東京市内から多くの被災者たちが集まりました。

 しかし、震災後に発生した火事は見る見るうちに広がり、陸軍被服廠跡地にも迫ります。多くの被災者が家財道具を持って避難していたことがアダとなり、集まった市民たちは容易には身動きが取れない状況になっていたのです。こうして陸軍被服廠跡地に避難してきた被災者たちは火の手に飲み込まれてしまいます。

 関東大震災の犠牲者のうち、陸軍被服廠跡地で亡くなった人は数え切れません。それらの経緯から、1930(昭和5)年に陸軍被服廠跡地に慰霊施設となる震災記念堂(現・東京都慰霊堂)が創建されたのです。

 震災記念堂の本堂は、東京帝国大学の教授も務めた建築家の伊東忠太です。現在、建築という言葉は一般的になっていますが、これは伊東が考案した造語です。それまで建築は「造家」と呼ばれていました。

永田町も襲った大震災


【2013年撮影】関東大震災の秋季慰霊大法要

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210826_shinsai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_shinsai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_shinsai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_shinsai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_shinsai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画