大人も楽しいシルバニア。ユザワヤが手作り衣装の投稿企画を実施中

2019年3月26日

イベント
ULM編集部

34年に渡るロングセラー「シルバニアファミリー」。手作りの衣装をつくるなどして楽しむ大人も増えるなか、「ユザワヤ」がインスタグラム投稿キャンペーンを行っています。


松屋銀座では「シルバニアファミリー展」も開催中

 1985(昭和60)年3月20日、エポック社(台東区駒形)から誕生した小さな人形のシリーズ「シルバニアファミリー」。世代を超え、愛され続けるロングセラー商品となっています。

ユザワヤで販売されている生地や材料を使い、手作りした洋服のイメージ ©︎EPOCH(画像:ユザワヤ商事)

 楽しんでいるのは、子どもだけではありません。自作の洋服を着せてみたり、オリジナルのシチュエーションをつくり撮影したり、その様子をSNSに投稿するなどの楽しみ方も広がっています。また、2019年3月25日(月)まで、松屋銀座で「シルバニアファミリー展」も実施。ネット上には、かつて子どもだった大人たちの「シルバニア熱が再発」「懐かしい…」「圧巻」などの声が並んでいました。

 そんななか、布地や手芸用品等を幅広く扱う「ユザワヤ」が、Instagramでの「シルバニアファミリー手作り衣装投稿キャンペーン」を開催しています。

 同キャンペーンはエポック社とのコラボレーションによるもので、4月30日(火)まで開催。応募者には抽選で、brotherの家庭用ミシンや、オリジナル衣装を着た人形のセット(非売品)などが当たります。

 応募するにはまず、「シルバニアファミリー」の衣装を手作りし、実際に着用させて撮影。Instagramに投稿する際には、ハッシュタグ「#ユザワヤシルバニアコンテスト」をつけることと、ユザワヤのInstagram(@yuzawaya_hobby)をフォローしコメントを入れる必要があります。

 なおキャンペーン期間中には、「ユザワヤ」の一部店舗にも特設コーナーが設置されます。東京都内は、蒲田、吉祥寺、池袋、銀座店の4店舗。コーナーには、幅120cm、奥行60cmほどの木製の台3つが用意されており、1台にディスプレイ、1台に商品(家や人形など)、1台に手作りの洋服を作る際におすすめな材料(生地など)が置かれています。


【写真】大草原に立つ「ショコラウサギ」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/03/180322_shiruba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/180322_shiruba_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/180322_shiruba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/180322_shiruba_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/180322_shiruba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/03/180322_shiruba_01-150x150.jpg

New Article

新着記事