階段で東京タワーの「250m部分」まで上ったらどのくらい大変なのか?

アメフト漫画『アイシールド21』で描かれた「東京タワー階段上り」。現実に行うとするといったいどのくらいキツいのでしょうか。


『アイシールド21』の舞台

『アイシールド21』は、2002(平成14)年から2009年まで週刊少年ジャンプで連載された、高校アメリカンフットボール部を描いた漫画です。

 物語の序盤、主人公・小早川瀬那(こばやかわせな)が所属する「泥門(でいもん)デビルバッツ」は弱小チームとして有名でした。しかし、欠点を抱えつつも何かひとつに秀でたメンバーが集まり、血のにじむような努力をして、チームは強くなっていきます。最終的には、全国大会の決勝戦・通称クリスマスボウル出場を目指していく、というストーリーです。

 作中に、泥門デビルバッツのキャプテンである蛭魔妖一(ひるまよういち)というキャラクターが登場します。蛭魔は非常に賢く、規格外な行動を取る破天荒な男です。

 ある夏の日、泥門デビルバッツは部員拡大のために入部テストを開催しますが、想像以上に入部希望者が殺到。そこで蛭魔は袋に入れた氷を持って、溶け切る前に「東京タワー」の特別展望台まで階段で上るという、「地獄の塔(ヘルタワー)」と呼ばれる入部テストを実施しました。

実際に上れるのは「150m」まで

『アイシールド21』の入部テストでは、蛭魔が東京タワーをまるごと貸し切るという規格外の方法で、「東京タワーの階段上り」を実現させました。

 では、実際に東京タワーを階段で上ることは可能なのでしょうか。

 東京タワー公式サイトによると、高さ250mのトップデッキまで階段で上ることはできませんが、高さ150mのメインデッキまでは階段で上ることができます。

東京タワーの「250m部分」(画像:写真AC)

 東京タワーが現在開催しているメインデッキまでの階段上り企画は「オープンエア外階段ウォーク」と称され、約600段の階段を上り続けるというもの。東京タワーから眺める東京の摩天楼は絶景です。

 また夜には夜景を楽しめるのはもちろん、ライトアップされた東京タワーを堪能できます。上り階段の途中には、東京タワーのマスコットキャラクターであるノッポン兄弟からのクイズ出題もあり、飽きることなく上れるので気になる方はぜひ参加してみるといいでしょう。

消費カロリーから考える


【画像】『アイシールド21』第1~5巻

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_tower_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画