スマホ猫背になってない? 悪い“姿勢”は不調の原因…専門家が教える正しい姿勢の作り方

 子どもの頃、「姿勢が悪い」と注意されたことはありませんか。しかし、そもそも、姿勢が悪いことはなぜいけないのでしょうか。スマホが必需品となった現代の私たちにとって切実な問題である「スマホ猫背」についても考えてみましょう。(ULM編集部)
[以下の記事監修:健康ソムリエ協会(中央区日本橋 水天宮前)理事・健康運動実践指導者 岡田むつみ]


背骨は体の「屋台骨」

 姿勢を形作る背骨は1本の骨ではなく、上から、頸椎(けいつい)、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨で構成されています。これら一つ一つの骨が積み重なって絶妙なS字を描き、上半身の重みをうまく分散することで、私たちは歩いたり、体をひねったり、自由に動くことができるのです。

 背骨は、生きる上で大切な役割を数多く担っています。

・頭(成人では4~6キロ)を支える
・内臓を正しい位置にキープする
・心臓や肺などの臓器を守る
・血を作り、全身の細胞を活性化する
・神経を保護する

背骨は体の「屋台骨」として、大切な役割を担っている(画像:写真AC)




 姿勢が悪いということは、これらの大切な働きを損ねている状態に他なりません。ゆがんだ骨が筋肉を傷つけたり、肺や心臓が圧迫されて呼吸が浅くなり、血流が悪くなったりと、体に大きな負担をかけることになります。

 つまり、姿勢が悪いことは、ただ見た目が悪いだけでなく、体中にさまざまな不調を引き起こす原因になるのです。

今、どんな姿勢でスマホを見ていますか?

 この記事を読んでいるあなた。姿勢は大丈夫ですか。背骨が曲がった状態、いわゆる「猫背」には、背中が丸くなる「背中猫背タイプ」や、おなかを突き出し、腰を反らせる「反り腰タイプ」など、いくつかのタイプがあります。

 中でも気を付けたいのが、首がまっすぐになり、顔を突き出すような姿勢「ストレートネックタイプ」。スマホを頻繁に使う人に多いことから、「スマホ猫背」とも呼ばれます。

普段、スマホを使うイメージで、鏡にうつった自分の姿勢を確かめよう

 スマホ猫背になりやすい人、または既になりかけている人の特徴は以下です。心当りが多い人は要注意ですよ。

・スマホを頻繁に使う
・ほおづえをつく癖がある
・朝起きたときに首が痛い
・肩こり、首こり、頭痛もち
・二重あご(ほおや顔周りにお肉がついている)
・喉風邪を引きやすい

背中美人で、キレイ&健康に!


この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/02/22145967_s-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/1-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/4993589_s-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/2-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/3-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/4-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/20220209_okadariji-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画