「せ、咳が止まらない」 若手社員を突如襲った適応障害、休職までの苦悶と3か月後に差し込んだ一筋の光

近年話題となっている「適応障害」。会社の同僚や友人など、自分の身近な人で該当するケースももはや珍しくありません。今回、東京で働く適応障害を発症した当事者に語ってもらいました。


初期症状は「睡眠の乱れ」から

 私は適応障害と診断されました。新卒社会人として東京で働き始め、2年目を向かえようとしていた頃です。適応障害と告げられたとき、聞き慣れない病名に加えて、「障害」という響きの仰々しさに面食らったのを覚えています。

 適応障害とは、

「ある特定の状況や出来事がストレスとなって情緒面や行動面で症状が引き起こされ、社会生活に支障をきたしている状態」(小学館デジタル大辞泉)

を指します。

咳き込む男性のイメージ(画像:写真AC)

 メンタルクリニックで診断を受けたのは症状が重くなった後のことですが、その始まりは「睡眠の乱れ」というささいな症状からでした。

 私がしていた仕事は残業が当たり前のような状況であった上に、新卒で慣れない業務も多く、帰りが遅くなることも珍しくありませんでした。入社後、そんな生活サイクルが体に染みついたせいか、気づかぬうちに睡眠習慣に影響していったようです。

 疲れて眠いはずなのになかなか寝付けない、あるいは眠れたとしても早朝に目が覚めるといったことが、週に3~4日はありました。もちろんこのとき睡眠に関する諸問題が適応障害の一部であることは想像もつかず、「きっと疲れのせいだ」と言い聞かせ、特に治療が必要であるとは考えなかったのです。

 そして睡眠の異変を感じた数週間後の出来事です。通勤電車に乗っていたとき急な倦怠(けんたい)感と、心臓からずしんと体全体が重くなるような感覚に襲われました。

 それは電車を降りた後も続き、オフィスに着いて仕事を始めて忘れるまで消えることはありませんでした。寝不足ということもあったのでしょうが、その原因は当時抱えていた働き方への強いコンプレックスにあったと自覚しています。

 相変わらず帰りは遅く、休日のために平日を浪費するようなハリのない生活に違和感を覚え、「この生活は一体何年続くのか」と出口の見えない働き方にやるせなさを感じていたのです。なかには辛い仕事だが3年は続けるという同期もいました。

 しかし私としては不確かな未来のために、なぜ今の貴重な時間を犠牲にできるのかを理解できず、そうした周囲との温度差も働き方のコンプレックスを生む原因であったといえます。日ごとに増した納得できない感情が、無意識のうちに自分の首を絞めていたのでしょう。

症状の悪化とさらなる異変


【調査結果】増える「6月病」 入社後3か月以内の離職者がいる企業が半数以上だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_tekio_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画