彼女が欲しいなら「焼き芋」をオゴるべき? 昭和~平成の東京で流行った「恋愛テク」の数々

マッチングアプリなどがなかった昭和~平成時代、男女ともに出会いに渇望していました。そんな当時の状況について、20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


イケイケだった80年代の出会い

 男女の出会いのツールとして、東京でもっとも使われているのはマッチングアプリでしょうか。明確なデータはありませんが、コロナ禍による普及は著しいようです。マッチングアプリが登場したころは

「わざわざ、そんなものを使ってまで出会いたいの?」

という声もありましたが、現在では「気軽な友人探し」としても使われています。

 いまやマッチングアプリだけでなく、さまざま出会いツール・サービスが存在しますが、昭和~平成前半までの出会いにはもっと努力が必要でした。

 東京に多くの人たちが暮らしていますが、チャンスを待っているだけでは誰とも出会えません。当時も必要なのは行動でした。そのため、男女ともに雑誌を読んでは出会いの方法や恋愛テクニックを磨いていたのです。

焼き芋(画像:写真AC)




 そうしたなかには、現在では少し考えられないようなものがありました。今、それらの記事を読み返してみると、個人情報に対する意識が明らかに異なっています。タレントでもなんでもない一般人が当たり前のように顔を出して、「恋人募集中」「○○な人がタイプ」とコメントしています。

 個人情報保護の意識の高まりから、現在こうしたコメントを取るのは難しいですが、当時の若者向け雑誌の編集者に聞いてみたところ、「お手軽だった」といいます。なぜなら、どの編集部にも学生アルバイトがいたため

「○○なページをつくるから、友達を集めてきて」

と指示すれば、すぐに集まったとのこと。また、男女ともに顔や名前を出したがる人が多かったそうです。その結果、今となってはとんでもない記事も生まれました。

 夏冬のシーズンになると、女子大生のサークルの合宿先や日程がそのまま記事として掲載されたのです。例えば『平凡パンチ』1980年7月7日号を見ると、

「女子大テニス同好会 この夏の合宿全スケジュール」

という記事が4ページにわたって繰り広げられており、軽井沢や山中湖といった、合宿場所のおおまかな地名と日程がすべて掲載されているのです。もちろん無断で情報を載せているわけではなく、掲載サークルに所属している女子大生へのインタビューもあります。

 今読んでみると、

「だからどうした?」
「誰が得をするの?」

と首をかしげたくなりますが、当時は「ここまで公開しているのだから、ぜひ自力で出会ってください」という叱咤(しった)激励だったのでしょう。ちなみにスケジュールをよく見ると、多くのサークルの合宿先は軽井沢か山中湖でした。

露骨な欲望をさらけ出した80年代


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220112_renai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220112_renai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220112_renai_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画