走行注意! 中央自動車道「高井戸IC~八王子IC」は制限速度の変化がスゴかった

中央道の高井戸IC~八王子ICは制限速度のの変化が激しい区間です。その注意点などについて「のっぴードライブログ」管理人ののっぴーさんが解説します。


制限速度の変化が激しい中央道

 中央自動車道(中央道)は、高井戸IC(杉並区)~小牧JCT(愛知県小牧市)の344kmと、大月JCT(山梨県大月市)~河口湖IC(同県富士河口湖町、富士吉田市)までの23kmの、計367kmの総距離をほこる高速道路です。

 そのなかでも高井戸IC~八王子IC(八王子市)は東京都市部にあたり、中央道のなかでも極めて交通量の多い区間で連日多くの人が利用しています。

中央自動車道(画像:のっぴー)

 そんな中央道の高井戸IC~八王子ICは、走行する際に気をつけなくてはいけないことがあります。それが「制限速度」。この区間は中央道のなかでもその変化が激しい区間なのです。

 中央道は、一部区間をのぞいて制限速度が80kmに設定されていますが、高井戸IC~八王子ICの約26km間だけは、都市部ということもあり、道路形状の変化に伴って制限速度の移り変わりが激しく設定されています。それに気がつかずに走り続けると、知らぬ間に速度を出し過ぎたり、逆に遅くなり過ぎて渋滞の原因をつくったりするため、気をつけたいところです。

 中央道の制限速度はどのように移り変わっていくのか、起点の高井戸ICから順に詳しく解説します。中央道を走行する際の参考にしてください。

高井戸IC~三鷹料金所までは60km制限

 中央道起点の高井戸IC~三鷹料金所までが、上下線ともにもっとも速度に気をつけなくてはいけない区間となります。実はこの区間、上下線ともに制限速度は60kmの設定なのです。

中央道上り線、高井戸IC手前(画像:のっぴー)

 厳密には上り線に三鷹料金所は存在しませんが、下り線の三鷹料金所のある500mほど手前から制限速度が60kmに変わる標識が立てられています。上り線のこの区間は調布ICから片側3車線になっており、2車線に減少するところが制限速度60kmに変わる目印です。

 高井戸IC~三鷹料金所は接続する首都高4号新宿線の延長線上で、車線や路肩の幅が首都高とほぼ一緒ということもあり、制限速度が首都高同様の60kmに設定されているものだと考えられます。

「高速道路で2車線 = 制限速度80km」

というイメージで走行すると、速度の出し過ぎになるため、気をつけて運転しなければなりません。特に上り線は制限速度80kmから60kmに減少するので、そのままの速度で走行しないよう、標識やスピードメーターをよく見ましょう。

三鷹料金所~稲城インター手前までは80km制限


【画像】60年前の「八王子IC」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211228_hachi_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画