江戸の町に築かれた「領域展開」 人気作『呪術廻戦』にも通じる歴史的“結界”の痕跡とは

2021年のヒット作『呪術廻戦』。その中で描かれる「領域展開」という技は、かつて江戸の町を築く際に用いられた考え方にも通じるものがあります。今も東京の街に残る痕跡をたどります。


江戸に存在した、呪術的な「領域」

 人間の負の感情から生まれる「呪い」を巡る戦いを描いた、テレビアニメ『呪術廻戦』。

 芥見下々(あくたみ げげ)氏による原作漫画は2018年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中で、2021年12月24日(金)から劇場版アニメが公開されるなど、今最も高い人気を誇る作品のひとつです。

『呪術廻戦1』(画像:集英社、芥見下々)

 本作のキャラクターが使う技に「領域展開」というものがあります。

 ざっくり言うと、自分に有利な結界を作り出し、相手を閉じ込める技です。2021年上半期の「ティーンが選ぶ流行(はや)ったコトバ」ランキングで4位にランクインするなど、若い世代を中心に注目を集めたキーワードです(※)。

※2021年5月、マイナビティーンズラボが13~19歳の女性778人を対象に実施した複数選択式アンケートの調査結果。

 同作キャラクターが使うこのような「結界術」は、実は東京都内のいろいろなスポットと関係があります。というのも、江戸の町づくりの際、呪術的な力に守られた空間の設計が意図されていたからです。

江戸は神々に囲まれた領域だった?


【ランキング】『呪術廻戦』は何位? 2021年に流行ったTOP10

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_region_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画