江戸三大祭でおなじみ! 江東区「富岡八幡宮」が深川の総鎮守になったワケ

下町として広く知られる江東区「深川」。この地名の由来はいったい何でしょうか。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


区名は人物の名字から?

 江東区の「深川」は都内でもよく知られた古い地名です。1878(明治11)年から、現在の区制になる1947(昭和22)年まで、深川区も設置されていました。

江東区富岡にある富岡八幡宮(画像:(C)Google)

 深川区の範囲は江戸の朱引(江戸の府内と府外の境界線)に含まれていました。すなわち、現在の江東区のうち旧深川区はすべて江戸だったのです。現在、深川の町名は深川1丁目と2丁目しかありませんが、俗に深川と呼ばれる地域がもっと広いのは、江戸時代に由来しています。

 さてこの深川という地名の由来ですが、人名とする説が広く知られています。江東区でもこの説を採用しており、区のサイト内の「江東区の地名由来」のページでは、

「慶長の初期(1596~1614)、江戸がまだ町づくりをはじめたばかりのころ、深川八郎右衛門という人が、摂津国(現・大阪府)から移住して、小名木川北岸一帯の開拓を行い、この深川の苗字を村名としたが、これがこの地一帯をよぶ名称となった。深川区の名はこれをうけたものである」

と記しています。

 また別の説では、徳川家康がこの辺りを巡視したとき、畑を耕していた農民に地名を尋ねたところ「地名はない」と答えたため、続けて農民の名前を聞いたら「深川八郎右衛門」と答えたので、地名が深川となったとされます。

 いずれにしても、深川という地名は深川八郎右衛門に由来するというのが大方の説として通用しています。

名字ではなく、土地の名前から?


【画像】深川発祥の地を称する「深川神明宮」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_fuka_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画