不況なのになぜ? コロナ禍が都内「中学受験戦争」をさらに加速させるワケ

コロナ不況のなかでも過熱する都内の中学受験戦争。その背景には一体何があるのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


コロナ不況でも盛り上がる中学受験

 中学受験シーズンが近づいています。東京都内の中学受験の解禁日は2022年2月1日(火)と、すでに2か月を切りました。

中学受験のイメージ(画像:写真AC)

 中学受験といえば、小学校3~4年から本格的な通塾を始めるのが一般的で、費用もかなりの金額に上ります。軽い気持ちで臨めないことはもちろん、経済的にも余裕がなければ足を踏み入れることすらためらわれます。

 日本経済は2020年からのコロナ禍の影響で痛手を受けていますが、中学受験はそうした流れとはまた別のところにあります。

 首都圏模試センターが公表している小学6年の合判模試のデータによると、11月3日(水・祝)に行われた第5回模試の受験者数は次の通りです。

・2教科:1万4249人(男6958人、女7291人)
・3教科:1万1532人(男5894人、女5638人)
・4教科:1万1521人(男5884人、女5637人)

 受験者数は直近5年間のなかで最も多く、中学受験が世の中の経済状況に関係なく人気を集めていることが分かります。

 前述のように、中学受験は家計に負担がかかるため

「受験するor受験しない」

の判断は景気に左右されますが、経済活動が復活したとは言い難い現在でも、都内の中学受験熱は高まっています。

リーマンショック後の「底」は5年後


【図表】ひと目でわかる! 都内「私立中学」進学率

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211203_juken_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_juken_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_juken_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_juken_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_juken_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画