知れば知るほど共通点? 大田区大森と「瀬戸内海」がそっくりに思えてならないワケ【東京23区ビーチの旅】

旅行に行かれなかったコロナ禍、東京都内にいながらリゾート地や有名景勝地に来たような気分を味わえるビーチを発見! 映像ディレクターの高橋弘樹さんがその魅力をリポートします。第3回目は「大森ビーチ」。


都内に見つけた「瀬戸内」の景色

 都内にあって、ふらっと行ける距離にあるのに人ごみが少ない、そんな穴場な海岸をたどる「東京23区ビーチの旅」。

 これまで「葛西ビーチ」(江戸川区)と「城南島ビーチ」(大田区)を紹介。“東京のコート・ダジュール”感のあるビーチを取り上げてきましたが、最後はどちらかというと、コート・ダジュールより“瀬戸内海”感のある23区のビーチを取り上げてみたいと思います。

全3回シリーズの企画「東京23区ビーチの旅」。最後に紹介するのは大田区の「大森ビーチ」(画像:高橋弘樹)

「なんだよ、コート・ダジュールじゃなくて国内かよ」と思い、画面をスクロールして、他の記事をクリックしそうになったかもしれませんが、それは早計です。

 景観論の大家・西田正憲氏によれば、瀬戸内海は19世紀にドイツ人医師シーボルトが絶賛して以来、多くの西洋人がエモすぎると絶賛。

 イギリスの聖職者ヘンリー・トリストラムは、

「長く曲がりくねった瀬戸内海の航海は完全に美と魅力のためにあるのであり、これに匹敵するものは世界にはない」

「春のナポリ湾、夏の朝のウェミス湾、ワイト島の1周旅行、デンマークの海の島めぐり、華麗なスマトラの海岸、入りくむサンゴのバミューダ諸島。お望みの風景を何でも思い出し、ほんの1、2時間待て。そうすれば瀬戸内海にそれに見合う風景を見いだすだろう」

と絶賛したと言います。

美しい海岸までの道のりも魅力


【画像】「東京23区ビーチ」の風景

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_beach_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画