昭和の小学校で当たり前だった「座高測定」が知らぬ間に姿を消したワケ

学校で定期的に行われる身体測定。そのなかでも、昭和世代にとって印象的だったのが座高測定でした。エデュケーショナルライターの日野京子さんがその歴史を解説します。


身体測定の源流は神田「体操伝習所」から

 小学校から高校までの学校生活で、共通して行われるのが身体測定です。日本の身体測定の歴史は古く、1878(明治11)年までさかのぼります。

 文部科学省の「国際教育協力懇談会」(2001年10月)の資料「我が国の教育経験について(健康教育(学校保健・学校給食))」には、次のような記載があります。

「現在、行われている健康診断の始まりは、活力検査の名称で、明治11年東京の神田一ツ橋(千代田区一ツ橋)に体操伝習所において実施されたものである。医学・生理学に基礎をおき全身の均斉な発育と健康保持を目的とした体操の実施後の効果判定の目的から体格・体力の測定を繰り返し行った。これを活力検査と呼び,項目は体長・体重・臀囲・胸囲・指極・力量・握力・肺量であった」

 体操伝習所とは体育教員の養成所で、当時の検査項目を見ると、現在の身体測定や体力測定でも行われているものがあります。

座高測定のイメージ(画像:イラストAC)

 日本学校保健会(港区虎ノ門)が運営するサイト「学校保健」によると、児童・生徒向けに実施されたのは1888年からで、体操伝習所と同様に活力検査と呼ばれました。

 その後、1897年に「学生生徒身体検査規程」と名称と中身を入れ替えて、

・視力
・聴力
・歯科検診

などが加わります。

 ちょうどその頃、校医制度の整備も進められており、現在につながる身体測定と健康診断の体制確立の黎明(れいめい)期となりました。

 近代的な学校教育を敷くにつれ、それと同時に児童・生徒の発育や健康状況を観察するシステムが成立。戦争を挟んで脈々と継承されていきました。

昭和世代に懐かしい「座高測定」


この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211126_zakou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_zakou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211126_zakou_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画