目黒不動尊前にひっそり佇む「ミステリアスな塚」の正体

東京の五色不動として知られる目黒不動尊。その門前にある「白井権八・小紫の比翼塚」はいったいどのような塚なのでしょうか。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


比翼塚とは何か

 目黒不動尊の通称で知られる瀧泉寺(目黒区下目黒)。その仁王門前に「白井権八・小紫の比翼塚」があります。

目黒区下目黒にある「白井権八・小紫の比翼塚」(画像:(C)Google)

 比翼塚とは、愛し合って死んだ男女を一緒に葬った塚のことです。有名どころでは、愛媛県松山市にある木梨軽皇子(きなしのかるのおうじ)・軽大娘皇女(かるのおおいらつめのひめみこ)兄妹の比翼塚、府中市と小金井市をまたぐ多磨霊園にある坂田山心中事件(1932年)の男女の比翼塚などがあります。

 さて、白井権八・小紫の比翼塚の

・白井権八
・小紫

とはいったい誰でしょうか。

 権八は平井権八といい、1655(明暦元)年に因幡鳥取藩士・平井庄右衛門の子どもとして生まれました。幼い頃から剣の腕で鳴らしていましたが、数え18歳のとき、叔父とも同僚ともいわれる本庄助太夫(須藤助太夫とも)を殺して、江戸に出奔します。

 剣の腕だけでなく美少年だった権八は、素性を隠して忍藩阿部家へ臨時の徒士として雇われます。そうして世を忍んで暮らしていたある日、吉原に登楼した藩主が旗本に因縁を付けられているのを助け、その手柄で正規に取り立てられることに。

 しかし運命は非情なもの。これに前後して出会ったのが、吉原にあった三浦屋の抱え・小紫でした。なじみとなったふたりですが、小紫は太夫。一夜をともにする揚げ代には途方もないお金が必要です。正規に取り立てられても権八は徒士。給金で賄えるはずもありませんでした。

 どうにか小紫に会いたいと、権八は辻斬り(自分の腕を試すために、武士が通行人を斬ること)を始めました。その数、なんと130人とも。恋に狂ったとはいえ、とんでもない悪人。主に吉原に出掛ける客の懐を狙っていたようです。

虚無僧になった権八


【画像】明治初期の「目黒不動尊」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211117_meguro_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211117_meguro_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211117_meguro_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211117_meguro_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211117_meguro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211117_meguro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211117_meguro_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画