びっくり仰天! 渋谷という地名、実は「盗賊」に由来していた?

若者の街として日々にぎわう渋谷。そんな同地の地名由来をご存じでしょうか。これまで数多くの歴史関連雑誌・冊子の編集を手掛けてきた編集プロダクション『ディラナダチ』代表の小林明さんが解説します。


捕らえた盗賊の姓が「渋谷」

 駅の拡幅工事や新開発プロジェクトによって、劇的に変貌をとげつつある渋谷。地上47階建ての渋谷スクランブルスクエア(渋谷区渋谷2)を中心に、複数の巨大商業施設が取り囲むようにそびえ、ファッションやグルメ情報の発信地としてアップグレード。街全体が様変わりしています。

 そんな渋谷ですが、その地名には驚くべき秘密が隠されているのをご存じでしょうか? なんと「盗賊」の名に由来するという説があるのです。最先端でにぎやかな渋谷のイメージとかけ離れたその説を、今回追ってみることにしましょう。

渋谷の街並み(画像:写真AC)

 さかのぼること、平安時代後期の1092(寛治6)年。当時、渋谷は「谷盛の荘」(やもりのしょう)と呼ばれており、河崎重家(かわさきしげいえ)という武士の領地でした。

 河崎という姓にある通り、重家は現在の神奈川県川崎市を拠点としていましたが、同時に谷盛の荘も所領(支配することを認められた領地)として持っていたのです。

 河崎氏は平氏の血脈に連なっており、有名な平将門(たいらのまさかど)の子孫の分家に当たります。いわば武家の名門のひとつです。その重家が、京都の御所(天皇の邸宅)の警護を命じられます。特命を受けた武士が上洛(じょうらく。地方から京都へ行くこと)して、御所の警備を担当することは大変な名誉でした。

 ある晩、御所にふたり組の盗賊が忍び込みます。重家は勇猛に戦い、ひとりを斬り殺し、ひとりを捕縛しました。このときに捕らえた賊が、取り調べで

「我は相模国(現在の神奈川県)の渋谷権助盛国(しぶや・ごんのすけもりくに)」

と名乗ったのです。

渋谷の神社に記された命名の経緯


【画像】100年前の渋谷にあった「農場」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211113_shibuya_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画