荒川区「尾久ゆ~ランド」は水風呂も脱衣場も広くて、なぜか休憩スペースはライブ会場仕様だった【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(18)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。第18回は、荒川区の熊野前駅からスタートです。


駅近くには昔ながらの商店街

 都電荒川線は熊野前駅。このあたりはなかなか来ることはないですなぁ。

 三ノ輪とかはよく行くんだけど。駅でいうと三ノ輪橋、終点の駅ですね。

 まぁ私の場合、日比谷線で三ノ輪駅から歩いて、しみじみした商店街を散策して三ノ輪橋駅へ。

 そこから早稲田に向かって8個目の熊野前駅で降りました。このあたり、良さげな銭湯がいくつかあるからです。

 というわけで駅近くの「はっぴいポイント はっぴいもーる熊野前」っつうアーケードをくぐり、昔ながらの商店街を進みます。

 これがなぜかちょいとクネクネしていていい雰囲気。下町丸出しの洋品店もある。お持ち帰りの酒のツマミになりそうな焼き鳥からおでんまでいい匂いを漂わせております。

 実際お客さんが並んでるものねぇ。魚屋さんから和菓子屋さんと、いやはや歩いていて楽しいです。

日替わりで男湯と女湯が入れ替わる

 それでクネクネ歩いた先が途中から、おぐぎんざ商店街につながるわけです。

 その入り口右をふと見ると、ありましたよ銭湯が。

荒川区東尾久にある「尾久ゆ~ランド」(画像:島本慶さん制作)

 ここがうわさの、尾久ゆ~ランド(荒川区東尾久)っつうお風呂屋さん。

 入り口を見ると、正確には「尾久ゆ~ランド熊の前」という銭湯みたいです。

 券売機で480円で入浴券を買いフロントのお姉さんに差し出します。

 そこで下足札を預けてかわりにロッカーキーを受け取ります。

 さて、男湯は3階? 女湯は1階ってか。どうやらこれは日替わりみたい。

 この日は男湯が3階だったので、階段をヨッコラショと登ります。

ホース付きとホース無しのシャワーが


【画像】荒川区東尾久にある「尾久ゆ~ランド」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211028_zanbu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211028_zanbu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211028_zanbu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211028_zanbu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211028_zanbu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画