東京の「転出超過」5か月連続も 安易な「地方移住」は絶対に控えた方がいいワケ【連載】現実主義者の東京脱出論(6)

新型コロナウイルスの感染拡大で、今まで以上に注目を浴びる「東京脱出」「地方移住」。そんな世の中のトレンドに対して、1年の半分近く全国各地を巡る地方系ライターの碓井益男さんが警鐘を鳴らします。


自然豊かな環境の持つデメリット

 コロナ禍の影響で、東京から地方へ移住する人が増え、それに関するニュースも注目を集めています。先日、東京都の「転出超過(転出数が転入数を上回っている状態)」が5か月連続となったことが報じられたばかり。しかし筆者は、移住者がそろそろ「夢から覚める時期」を迎えていると考えます。

 移住者の多くは、自然豊かな環境での

・のんびりした暮らし
・伸び伸びとした子育て
・地産地消の健康な食生活

などをイメージしていたのでしょう。

 しかし短期間ならともかく、移住開始から数か月も過ぎれば、現実が明らかになります。自然豊かな環境では、スーパーマーケットもコンビニエンスストアも自宅から遠く、不便です。それゆえ、家事に費やす時間も増加。子どもの最寄りの小学校まで歩いて1時間なんていうのも珍しくありません。

 田舎暮らしは、何事も都会より時間がかかります。そんな日常をこれからも楽しめるかどうかが、地方移住への適性のカギになります。

行政サービスに過度な期待はできない

 先日、近畿地方の山間部に移住したご家族に話を聞く機会がありました。ご家族いわく、自然豊かな環境を満喫している点については成功だったそうですが、子どもが小学校に入学する際、問題が発生したといいます。

 移住した地域は過疎が進み、周辺の小中学校はすべて廃校。最も近い小学校は峠をいくつも越えた先で、車でも30分以上かかるため、小学1年生が歩いて登下校する距離ではなかったそうです。

 そこで自治体に相談したところ、

「児童ひとりのためにスクールバスは出せない」

と言われたそうで、結局、両親が毎日送り迎えするよう指示されたといいます。

 しかし、住んでいるところが県境に近かったため、県境を挟んだ隣県の町役場に相談したところ「そういう事情なら」と、隣県の町がスクールバスのルートを変更して寄ってくれることになったそうです。

東京から離れた地方のイメージ(画像:写真AC)

 現在、全国的に少子高齢化が進んでいることもあり、小中学校ならまだしも、高校が自宅から通学できる距離にない地域も増えています。

 このような現状に対して「行政サービスが不足している」と怒るのではなく、「地方ではこんな対応が当たり前」と考えられる人であれば、地方へ移住しても問題はないでしょう。

移住歓迎、福岡市の利便性


【図表】最新の東京「人口推移」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211029_iju_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211029_iju_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211029_iju_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211029_iju_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211029_iju_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211029_iju_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211029_iju_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画