都心上空を通過 「羽田新ルート」のルールが時間・季節ごとに違うワケ

羽田の新飛行ルート運用から1年半が経過しました。その運用ルールについて、ジャーナリストのシカマアキさんが改めて解説します。


国際線の増便で新たな飛行ルートが開始

 東京都心の上空を飛行機が通過し、羽田空港に着陸する新たな飛行ルートの運用が2020年3月29日、始まりました。しかしいつも必ず通るわけでなく、ルールがしっかり決められているのをご存じでしょうか。そんなわけで、今回は東京都心の上空「羽田飛行ルート」のルールについて、筆者(シカマアキ)が解説します。

※ ※ ※

 東京国際空港(以下、羽田空港。大田区羽田空港)は国内線と国際線などで、年間約45万回の発着があります。AからDまでの4本の滑走路を使い、24時間・365日体制で運用されています。

 これまで羽田空港では、飛行機からの騒音や落下物への不安などに配慮し、東京都心を避けた飛行ルートの運用を終日続けてきました。しかし、国際線の増便で年々増え続ける発着数に対応するため、東京都心を通過する新たな飛行ルートが設定されました。

 これまでの飛行ルートは、主に東京湾方面から羽田空港に着陸し、そして離陸の際も同様に東京湾に向かって飛ぶ、というルート。これは現在も引き続き運用されています。

新たな飛行ルートで羽田空港から離陸するANAの機体(画像:シカマアキ)

 飛行機の離着陸は、進行方向に対して揚力(翼を上向きに引き上げる力)が得られる向かい風の方向に離陸、着陸するのが基本です。つまり、その日その時間の風向きにより、飛行ルートは異なります。羽田空港の場合は大きく分けて

・南風運用
・北風運用

があり、年間平均だと南風運用が約4割、北風運用が約6割となっています。

冬は「北風運用」がやや多め


【画像】今と全然違う? 60年前の羽田空港

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_haneda_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画