都内の「ナンバープレート地名」、いくつ知ってる? 対象地域もおさらいします

東京を車で走っていると、多くのナンバープレートの都内地域を見かけます。いったい都内にはいくつの地名があるのでしょうか。ドライブライターのカツさんが解説します。


車のナンバープレートを見てみると……

 日本の車には前方・後方にナンバープレートを装着することが義務づけられており、車の識別がわかるように、それぞれが違う番号のナンバープレートを装着しています。

東京を走る車のナンバープレートのイメージ(画像:写真AC)

 ナンバープレートには、番号以外にひらがな1文字と地域が表示されており、その車の本拠地がある程度わかるようになっています。

 ナンバープレートに表示されている地域は通常、管轄の運輸支局や自動車検査登録事務所があるところと決まっており、車を登録する市町村が管轄する地域のナンバープレートを割り振ります。

 それを意識しながら東京を走る車のナンバープレートを見ると、都内のナンバープレートだけでも、実にさまざまな地域のナンバープレートがあることがわかります。

 2021年6月のデータによると、東京都の車の登録台数は約442万台と都道府県別で第1位です。そのため必然的に車に関する施設も増え、ナンバープレートの地域も多くなっています。

 東京のナンバープレートには、いったいどのような地域があるのでしょうか。最近増えている地域の理由に触れつつ、探っていきます。

23区内に八つの地域ナンバーが存在

 東京23区内だけでも、なんと八つの地域のナンバープレートが存在します。他の地域にくらべて圧倒的な多さです。

 具体的には、

・品川
・練馬
・足立
・世田谷
・杉並
・江東
・葛飾
・板橋

で、区内の少し都心から離れた区が主に使われています。

東京を走る車のナンバープレートのイメージ(画像:写真AC)

 先ほど、ナンバープレートの地域は運輸支局や自動車検査登録事務所があるところ、と書きましたが、品川区と練馬区には東京運輸支局が、足立区には自動車検査登録事務所があるため、品川・練馬・足立は昔からナンバープレートの地域として存在していました。

 しかし、世田谷・杉並・江東・葛飾・板橋には管轄運輸支局や自動車検査登録事務所はありません。それにも関わらず、なぜナンバープレートに表示されているのでしょうか?

「ご当地ナンバー」というカテゴリー


【画像】ナンバープレートを「希望ナンバー」にしている人の割合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211012_number_05-150x150.png
/wp-content/uploads/2021/10/211012_number_06-150x150.png
/wp-content/uploads/2021/10/211012_number_07-150x150.png
/wp-content/uploads/2021/10/211012_number_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_number_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_number_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211012_number_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画