おむすび1日18個も食べて破門に 泣き虫お相撲さんの「倍返し」物語【連載】東京すたこら落語マップ(14)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことないんです。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる話を毎回やさしく解説します。


とにかく食いしん坊な男が弟子入り

 粋で男っぷりが良い「江戸の三男」と言えば、「火消しの頭」に「与力」、そして「力士」。「一年を二十日で暮らす良い男」なんて歌われるほど、力士は今も昔も人気者です。

 今回は、江戸時代に実在した横綱・阿武松緑之助が登場する噺(はなし)「阿武松(おうのまつ)」で、板橋・巣鴨へとまいりましょう。

※ ※ ※

阿武松あらすじ

 京橋の観世新道、武隈文右衛門(たけくま ぶんえもん)という関取の部屋に、能登の国・鳳至群(ふげしぐん)七海村からやってきた男が弟子入りを志願したいという。名を長吉。なかなかよい体をしているので早速弟子入りとなり、小車(おぐるま)と名付けられた。

歌川国貞「阿武松と稲妻の取組」(画像:櫻庭由紀子)

 この小車が入ってきてからというもの、米の減りが早い。小車に聞いてみると、通常の食前に自分でこさえた赤ん坊の頭くらいのおむすびを17、8個も食べてしまうという。これにはおかみさんも肝をつぶした。

「ちょいと親方、このままじゃ部屋を食いつぶされちまうよ」

 雌鶏すすめて雄鶏時刻をつくる。親方は小車を呼び出した。

「昔から無芸大食といって、大飯食らいに碌(ろく)な奴はいない。暇をやるから国に帰れ」

 小車は、親方から一分の金をもらって破門となってしまった。

 一分の金をふところに入れて京橋を出た。国に帰るには中山道。板橋を越えて戸田の渡しまでやってきた。舟が来るまで待ってみたが、面目なくてこのまま国へは帰れない。

 このまま身投げしてしまおうか。しかし、ふところに入れた一分の金を川底に沈めてしまうというのももったいない。

「そうだ。この辺りの板橋ってところは宿場だ。ここの宿に泊まって、一分の飯をたらふく食って、明日またここに来て身を投げて死のう」

最後にたらふく飯を食いたい


【画像】お相撲さんの浮世絵

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211007_abu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_abu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_abu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_abu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211007_abu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画