巣鴨は「おばあちゃんの原宿」だけじゃない! 実は若者も楽しめる裏路地ご飯店の宝庫だった

「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる巣鴨周辺ですが、実は若者受けする店も多く存在します。都市文化探検隊員のたまきち川たまきちさんが解説します。


「孤独のグルメ」に登場した店も

 巣鴨は「おばあちゃんの原宿」です。特に土日や巣鴨地蔵通りの縁日「4の付く日」は、平日でも多くの人でにぎわっています。コロナ以前はすれ違うのもやっとでした。

 そんな巣鴨かいわいですが、おばあちゃん世代だけでなく、若い人たちも十分に楽しめる裏路地の店が増えています。今回は、西巣鴨駅周辺から巣鴨駅に向かう商店街の路地裏を巡ります。

 まずは西巣鴨駅のセブン―イレブン側の路地にある「しゃぶ辰」(豊島区西巣鴨4)です。ここではすき焼きなどが気軽に楽しめます。すき焼きは値段も張り、気軽に入りづらいイメージですが、ひとりすき焼きが楽しめます。

豊島区西巣鴨にある「しゃぶ辰」(画像:たまきち川たまきち)



 こうした場所はほかではほとんど見かけません。実際、1階はラウンドになったカウンターに、ひとりひとつ、ガスコンロが設置されており、特にランチどきは1100円で国産牛のすき焼きやしゃぶしゃぶが楽しめます。

 ランチとはいえ、すき焼きは本格的です。大皿にスライスした牛肉、豆腐、白菜、しらたき、しいたけ、えのきたけがのせられ、付け合わせの生卵やシメのうどんまで付いてきます。

 ご飯も付いていますが、驚くのがランチはみそ汁までサービスなのです。ご飯も1杯までおかわり無料で、サービス精神旺盛なお店であることがわかります。なお夜になると、より上質なお肉が提供されています。

 すき焼きや豚しゃぶが人気メニューですが、珍しい鳥しゃぶもあります。あっさりとポン酢で食べると美味です。こちらの締めはうどんではなくラーメン。値段もすき焼きよりも安く設定されています。

 しゃぶ辰は「孤独のグルメ」(テレビ東京系)で紹介され、主人公の井之頭五郎さんが訪れた店です。アジアでも『孤独のグルメ』は人気のコンテンツのため、2、3年前までは、中国や韓国からの観光客らしき人たちもよく見かけました。

「自分だけの定食」を作れる食堂

 安藤広重(歌川広重)が浮世絵「巣鴨更新の図」に描いた庚申(こうしん)塚(庚申堂)をこえて、西巣鴨から巣鴨商店街へ行ってみましょう。

 この商店街には和菓子店やうなぎ店、すっぽん料理店、ビルグルマンに選ばれたそば店、喫茶店などが昔からあります。そのなかでも定食好きにはたまらないのは「ときわ食堂」(巣鴨3)があります。

豊島区巣鴨にある「ときわ食堂」(画像:たまきち川たまきち)



 定食セットだけでなく、自分の好きなものを組み合わせて「自分だけの定食」を作れるお店です。筆者は、アジフライと煮物の盛り合わせを組み合わせた定食をいつも注文します。

 ここは、お昼から魚をつまみにビールを飲んでいる地元の常連さんや観光客に愛されており、昼時はいつも待たされます。ここも、『孤独のグルメ』の五郎さんが訪れたスポットです。

ころころした丸いギョーザを出す店

 今回は路地に入ってみましょう。巣鴨のゆるキャラ「すがもん」がいるポストを過ぎたあたりで路地に入ると、奥右手に赤色なのかオレンジ色なのか区別がつきにくい「ファイト餃子(ギョーザ)」(巣鴨4)のひさしが目に入ります。

豊島区巣鴨にある「ファイト餃子」(画像:たまきち川たまきち)

 ここのギョーザは通常のギョーザとは異なり、ころころした丸い形で、皮は黄金色でさくさく食感。揚げギョーザと焼きギョーザの間のようなギョーザで、かなり熱いので、食べるときには注意が必要です。

 ギョーザの味を堪能したいため、筆者はいつも白いご飯とみそ汁がついたギョーザ定食を注文しますが、周りを見ると、ラーメンとギョーザのセットを頼んでいる人が多いような印象を受けます。

 ギョーザを食べた後にさらにテイクアウトする人もよく見かけます。生ギョーザと焼きギョーザのテイクアウトができるため、コロナ渦中での人気が伺えます。

 とげぬき地蔵尊の向かいにある「古奈屋」(巣鴨3)は1983(昭和58)年に創業したうどん店で、巣鴨が本店のカレーうどんが有名なお店です。スープはクリーミーで出汁がきいています。トッピングはえび天や揚げもちなどがあります。

メダリストひいきの店も

 最後に紹介するのは、「かき氷工房 雪菓」(巣鴨3)です。

豊島区巣鴨にある「かき氷工房 雪菓」(画像:たまきち川たまきち)



 ここは行列のできる人気店で、路地のさらに裏にいくわかりにくい場所にあります。淑徳巣鴨高校出身の競泳選手・池江璃花子さんも、かつては店によく来ていたそうです。

 ここでは、ふわふわのかき氷に手作りの変わり種シロップがかかっており、ここでしか味わえないメニューや季節限定メニューがあります。

 西巣鴨から巣鴨までの「おばあちゃんの原宿」、実は新旧入り交じる食の街といえるかもしれません。新たなお店が今後増えていけば、周辺も発展し続けます。

 今回は主に路地のお店を紹介しましたが、他にもお店はたくさんあります。コロナが収束したら、西巣鴨から巣鴨までに足を運んではいかがでしょうか。


【地図】今回の記事に出てくるお店

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画