巣鴨は「おばあちゃんの原宿」だけじゃない! 実は若者も楽しめる裏路地ご飯店の宝庫だった

「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる巣鴨周辺ですが、実は若者受けする店も多く存在します。都市文化探検隊員のたまきち川たまきちさんが解説します。


「孤独のグルメ」に登場した店も

 巣鴨は「おばあちゃんの原宿」です。特に土日や巣鴨地蔵通りの縁日「4の付く日」は、平日でも多くの人でにぎわっています。コロナ以前はすれ違うのもやっとでした。

 そんな巣鴨かいわいですが、おばあちゃん世代だけでなく、若い人たちも十分に楽しめる裏路地の店が増えています。今回は、西巣鴨駅周辺から巣鴨駅に向かう商店街の路地裏を巡ります。

 まずは西巣鴨駅のセブン―イレブン側の路地にある「しゃぶ辰」(豊島区西巣鴨4)です。ここではすき焼きなどが気軽に楽しめます。すき焼きは値段も張り、気軽に入りづらいイメージですが、ひとりすき焼きが楽しめます。

豊島区西巣鴨にある「しゃぶ辰」(画像:たまきち川たまきち)

 こうした場所はほかではほとんど見かけません。実際、1階はラウンドになったカウンターに、ひとりひとつ、ガスコンロが設置されており、特にランチどきは1100円で国産牛のすき焼きやしゃぶしゃぶが楽しめます。

 ランチとはいえ、すき焼きは本格的です。大皿にスライスした牛肉、豆腐、白菜、しらたき、しいたけ、えのきたけがのせられ、付け合わせの生卵やシメのうどんまで付いてきます。

 ご飯も付いていますが、驚くのがランチはみそ汁までサービスなのです。ご飯も1杯までおかわり無料で、サービス精神旺盛なお店であることがわかります。なお夜になると、より上質なお肉が提供されています。

 すき焼きや豚しゃぶが人気メニューですが、珍しい鳥しゃぶもあります。あっさりとポン酢で食べると美味です。こちらの締めはうどんではなくラーメン。値段もすき焼きよりも安く設定されています。

 しゃぶ辰は「孤独のグルメ」(テレビ東京系)で紹介され、主人公の井之頭五郎さんが訪れた店です。アジアでも『孤独のグルメ』は人気のコンテンツのため、2、3年前までは、中国や韓国からの観光客らしき人たちもよく見かけました。

「自分だけの定食」を作れる食堂


【地図】今回の記事に出てくるお店

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_roji_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画