【鬼滅のグルメ】大正時代の浅草では、すでに子どもが自分の小遣いでカレーライスを食べていた!

10月10日(日)23時15分から、フジテレビ系列で『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』が放送されます。これを記念して、『鬼滅の刃』と縁の深い浅草でかつて食されていたB級グルメについて、著書にカレーライス等の洋食の大衆化を描いた『串かつの戦前史』がある食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


大正の子どもたちにも親しまれたカレー

 人気漫画『鬼滅の刃』。主人公の竈門炭治郎(かまど たんじろう)が一時期立ち寄った大正時代の浅草は、子どもの小遣いでも楽しめるB級グルメの聖地でした。

 例えば商店に奉公している小僧たちは、たまの休みになると路面電車で浅草にでかけ、映画(活動写真)を見て、安価な食べものを堪能しました。

「お小遣いを二十銭とか三十銭もらってね。大体行く所は浅草ですよ。かすりの着物に鳥打帽スタイルです。映画を見て食べて帰るんですが、まあ一銭でも安い所を探すわけですよ(中略)十銭のカレーライスとかね、カツレツとかフライなんかもあるんです」(台東区立下町風俗資料館編『古老がつづる下谷・浅草の明治・大正・昭和7』)

 これは1913(大正2)年生まれの長谷川太郎さんの少年時代の思い出です。大正時代の浅草では、子どもたちが小遣いでカレーを食べていました。

昔ながらのカレーのイメージ(画像:写真AC)

 初めてカレーを見た山育ちの炭治郎は、

「なんですかあの黄色いドロドロしたものは……」

と驚いたかもしれません。

屋台から始まった洋食の大衆化

「たまにはライスカレーもやった。八銭だった。これも目の前でカレーを温めて出してくれる。まことに楽しみで時々いったものだ。六年生になってからだ」(寺村紘二『浅草の小学生』)

 これは1906(明治39)年生まれの寺村紘二さんの思い出。浅草の小学生だった寺村さんが通っていたのは、屋台の洋食屋でした。

明治時代の洋食屋台。三谷一馬『明治物売図聚』(中公文庫)からの引用(画像:近代食文化研究会)

 初めて日本に登場した頃のカレーは、非常に高価な料理でした。1877(明治10)年の値段が8厘。これはかけそば一杯の値段の約15倍ですから、今でいうと数千円はする値段です。

 1900年頃になると、寺村さんが通っていたような屋台の洋食屋が夜の東京に現れます。そこでのカレーの値段は5~8銭。かけそば3~4杯に相当する値段なので、高いとはいえ相当こなれてきました。

 屋台の洋食の値段が変わらない一方、かけそばなどの一般の物価は上昇していきました。寺村さんが8銭のカレーを食べていた頃のかけそばは5~6銭。屋台のカレーは、子どもの小遣いでも買える値段になっていたのです。

安い洋食屋の聖地だった浅草


【画像】『鬼滅の刃』の市場規模

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211001_kimetsu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画