いったい何者? 東京にやたらと「太田道灌」の伝説が残っているワケ

東京について調べ物をしていると、あちこちで見かけるのが「太田道灌」の名前。いったいなぜでしょうか。ライターの春日ルナさんが解説します。


江戸城を築いた太田道灌

 日本各地にはさまざまな伝説や伝承が残されています。東京にもそのような土地がいろいろありますが、やたらと目にするのが「太田道灌」の名前です。どうして東京はこんなにも太田道灌だらけなのでしょうか? その理由を探ります。

太田道灌(画像:千代田区観光協会)

 太田道灌は、室町時代後期に関東で活躍した武将(1432~1486年)です。軍法師範と称された一方で、歌人としても知られた文武両道の人物でした。何より知られているのは江戸城を築いたこと。水利がよく広大な平野が広がる江戸には、のちに徳川家康が幕府を開いて都市をつくりますが、道灌は江戸が発展する可能性を見いだしていました。

 太田道灌にまつわる伝説といえば、一番よく知られているのは「山吹の里」の伝説です。「山吹の里」の伝説は次のような内容です。

 ある日タカ狩りに出た太田道灌。ところがにわか雨にあってしまい、近くにあった農家のに立ち寄り、その家の娘に蓑(みの)を所望します。ところが娘は、蓑ではなく和歌とともに山吹を一枝だけ差し出しました。道灌は理由もわからずそこを後にしますが、のちに和歌の意味を知り、蓑のひとつも貸すことができない娘の苦しい心のうちを知ったといいます。

 和歌は、

「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞ悲しき」

というもの。実のならない山吹と「蓑(実の)ひとつだにない」という意味を掛けています。

 これは娘のつくったものではなく、『後拾遺和歌集』に収録されている兼明親王(914~987年)の作品。道灌はこれを知らなかったことを恥じ、のちに武芸だけではなく和歌の勉強にも努めたといいます。

 このエピソードは昭和の戦後はまだ有名だったようで長谷川町子の『サザエさん』にも「みのひとつだになきぞかなしき」というフレーズが登場するシーンがあります。ちなみに落語の演目にもなっています。

関東一円で多くの伝説を残す道灌

「山吹の里」はどこなのか……というのが知りたいところですが、都内の複数の場所が手を挙げています。下記は都内の候補地です。

・山吹の花一枝像(荒川区西日暮里)
・山吹の里公園(豊島区高田)
・太田道灌の史跡(同)
・大聖院(新宿区新宿)
・新宿中央公園(同区西新宿)

荒川区西日暮里にある山吹の花一枝像(画像:荒川区)

 このほか、埼玉県越生町も有力な地であり、山吹の里歴史公園がつくられています。

 太田道灌にまつわる言い伝えとしてほかにも、川崎市幸区にある丘陵地帯・夢見ヶ崎(ゆめみがさき)の地名は、道灌が見た夢に由来する話、さいたま市北区奈良町の「三貫清水」は道灌が「とてもうまい」といって三貫文(50万円)の褒美を授けたことに由来する話があります。

 都内だけではなく、関東一円で多くの伝説を残している太田道灌。最期の地となった神奈川県伊勢原市では毎年10月に「道灌まつり」が行われています(新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2021年は中止)。

太田道灌がやってくるまでの東京


【地図】355年前の江戸

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210928_ohta_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画