50年以上前の東京に、エコを先取る「トロリーバス」が走っていた!

近年、エコな乗り物が注目されていますが、70年前の東京に排ガスを出さないバスが走っていたのをご存じでしょうか。その歴史について、鉄道ライターの弘中新一さんが解説します。


「新時代の交通機関」と呼ばれた性能

 最近、次世代エネルギーを使った自動車開発が話題になっています。ガソリン車に変わる「本命」は、電気自動車と水素燃料電池車です。都営バスも2018年から水素燃料電池を使ったバスを導入しています。

 エコなバスが少しずつ増えていますが、かつて都内に排ガスを出さないバスが走っていたのをご存じでしょうか。それは都営トロリーバス。1952(昭和27)年から16年間というの短い間存在していたバスです。

在りし日の都営トロリーバス。『都営交通100年のあゆみ』より(画像:東京都交通局)

 トロリーバスとは、道路の上に張られた架線から電気を得て走るタイプのバスで、いわば路面電車のバスバージョンです。現在は富山県の立山トンネルトロリーバスのみと、極めて珍しい交通機関ですが、かつては「新時代の交通機関」として脚光を浴びていました。

 モータリゼーションが進化するまで、路面電車とバスは、都会人たちが使う交通機関として極めて重要視されていました。

 そうしたなかで登場したトロリーバスは、路面電車に比べてレールを敷く必要がありませんでした。また、一般的なバスに比べて車体の仕組みが簡単というメリットもありました。

 トロリーバスが開発されたのは19世紀のドイツで、1901年にドイツとフランスで相次いで営業運転が開始されています。この新しい交通機関を東京でも導入する計画は戦前から存在し、1922(大正11)年には東京市が青山六丁目~明治神宮正門の路線を計画しています。

 しかし、これは関東大震災の影響で中止に。その後も東京ではトロリーバスの計画は進まず、日本初の座を、京都市が1932(昭和7)年に開業した京都市営トロリーバスに取られています。

 東京のトロリーバスの計画が急きょ進んだしたのは、戦後復興期のことです。焼け跡からの復興で、都内では交通量が増大し、交通機関の拡充が求められていました。

トロリーバスが有望視された理由


【画像】四谷にあった都営トロリーバス乗り場

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210907_bus_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_bus_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_bus_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_bus_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画