お魚イメージが強い「築地」 実はかつて海軍で栄えた土地だった!

一般的に「築地 = 魚の街」ですが、かつてはそうではありませんでした。代わりにあったのは海軍関連施設。フリーライターの大居候さんが解説します。


築地は日本海軍発祥の地

 2018年10月、築地市場は紆余(うよ)曲折を経て閉場しました。それから2年半あまりがたち、周囲の風景は次第に変わりつつあります。

 閉場の翌月には環状2号線が通る築地大橋が開通し、周辺の道路も次第に整備が進んでいます。この橋からは築地市場跡地をのぞくことができますが、古めかしい市場の建物群は巨大な空き地になり、オリンピック・パラリンピックの車両基地になる予定です。

 さて、築地といえば一般的に「魚の街」というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、かつてはそうではありませんでした。築地のイメージは海軍。なにしろ日本海軍発祥の地なのです。

築地の成り立ち

 築地と海軍の関係を語るには、まずその成り立ちを説明しなくてはいけません。

 もともと築地は、江戸時代の1657(明暦3)年に発生した明暦の大火後に計画された、隅田川河口の工事によって作られました。築地という言葉自体が埋め立て地を意味し、それがそのまま地名となったのです。

中央区築地(画像:(C)Google)

 この土地で最も重要だったのが、現在の築地本願寺(中央区築地)です。本願寺はもとは現在の日本橋横山町から東日本橋にかけての場所にあり、「江戸海岸御坊」「浜町御坊」と呼ばれていました。

 しかし大火の後に同地での再建を許可されなかったため、築地へ移転してきたのです。土地の埋め立ては佃島の門徒が中心となり、江戸時代は「築地御坊」と呼ばれていました。現在とは異なり、築地市場側が正面で門前町が広がり、そのほかは武家地になっていました。

 中でも築地市場の正門があった周囲は老中・松平定信が数寄を凝らした庭園「浴恩園(よくおんえん)」をしつらえて評判になっていました。その景勝はすばらしく、江戸時代を代表する名園とされていました。

海軍との関わりは江戸末期から


【画像】明治初期、海軍省があった頃の築地

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210527_tsukiji_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画