昭和のプール必須アイテム 「洗眼器」「腰洗い槽」が知らぬ間に姿を消したワケ

昭和・平成初期には必ずあったプールの洗眼器と腰洗い槽ですが、今ではその数を急激に減らしています。いったいなぜでしょうか。エデュケーショナルライターの日野京子さんが解説します。


夏に欠かせない学校のプール

 小学校では季節ごとにさまざまな行事が行われます。そのなかでも「今年もこの時期がやってきた」と最も感じるのは、やはりプールの授業でしょう。

 小学生にとって、プールは夏に欠かせません。体育の授業に限らず、昭和・平成初期の夏休みにはプールが当たり前のように開放されていました。

 しかし現在は子どもの安全面や監視員確保の難しさもあり、自治体によっては中止や規模縮小傾向の動きとなっています。

昭和のプールサイドにあった洗眼器

 東京都内の学校のプールは屋内プール・温水プールが多数ですが、かつては当たり前にあった設備もなくなっています。

 それは洗眼器です。蛇口が上を向いている独特な形状の洗眼器は一定の年代にはおなじみで、プールサイドには欠かせない存在です。

洗眼器(画像:photolibrary)

 かつては、プールを出た後に目を洗うことが当たり前。目を洗うのに行列を作ったり、蛇口を思いきりひねって噴水のようにしたりして、先生によく怒られた経験のある人は少なくないでしょう。

 しかし令和となった現在、子どもたちが洗眼器に群がることはありません。昭和・平成初期は

・プールの塩素を洗うため
・感染症防止

といった意味合いで、洗眼の指導が積極的に行われていました。しかし時代が変わり、学校でもスイミングスクールでも、先生から「目を洗いなさい」と声がけがされることはもうありません。

洗眼は数秒にとどめることが大切


【資料】水泳プールの「衛生基準」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画