アニメ「さらざんまい」の舞台! かっぱ・合羽・河童が混在する台東区・合羽橋エリアを読み解く

食器具の宝庫・かっぱ橋道具街などで知られる台東区の合羽橋エリア。そんな同エリアについてアニメ「さらざんまい」を通して考えます。


合羽橋周辺や浅草地域が丁寧に描かれたアニメ「さらざんまい」

 2019年4月に放送された「さらざんまい」は、合羽(かっぱ)橋周辺や浅草地域を主な舞台とするアニメです。河童(かっぱ)型の謎の生物「ケッピ」に出会った3人の少年が、無理やり河童に変身させられてしまうというところから物語が始まります。

 作中では、浅草のシンボル・雷門や隅田川にかかる吾妻橋、合羽橋交差点など、浅草の各地の風景が登場します。「さらざんまい」の特徴のひとつは、実際の風景と比べても遜色ない丁寧な風景描写。アニメファンも登場した場所を巡りやすく、アニメや浅草の盛り上げに貢献しています。

かっぱ橋商店街の入り口(画像:写真AC)

 台東区は2021年春、「さらざんまい」とコラボし、キャラクター装飾がされた緑色の郵便ポストや、イラストが描かれたマンホールを浅草地域に設置。アニメファンがさらに楽しく浅草を回れる観光スポットのひとつとなっています。

 そんな河童がテーマの「さらざんまい」ですが、浅草には実際河童にちなんだ場所がいくつもあります。そこでこの記事では、合羽橋と日本有数の観光地・浅草地域を、「かっぱ」をテーマにその見どころを探ってみます。

「合羽橋」地域の「かっぱ」の由来は?


【画像】4月に誕生!「さらざんまい」のマンホール蓋

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210808_sara_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画