五輪選手を多数輩出! 国学院と名前が似てる「国士舘大学」とはどのような大学なのか

大学群「大東亜帝国」のひとつ、国士舘大学。そんな同大の近年のイメージ変化について、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


格闘技系スポーツに強いイメージ

 東京オリンピックはさまざまな混乱があったものの、7月23日(金)に開幕しました。都内の会場では無観客の実施が決定し、自宅でのテレビ観戦を通じて代表選手に声援を送っている人も多いことでしょう。

 オリンピックの代表選手のなかには、学生も珍しくありません。今大会からの新競技である、スケートボードの女子ストリートで金メダルに輝いた西矢椛(もみじ)選手は中学2年生、銅メダルを獲得した中山楓奈(ふうな)選手は高校1年生と、若い世代の活躍は大きな話題を呼びました。

 とはいえ、全体的にオリンピック選手といえば大学生や社会人が多く、「この競技はこの大学が強い」「この大学はスポーツに強い」というイメージが広く浸透しています。

 こうしたスポーツ強豪校のひとつに上げられるのが、国士舘大学(世田谷区世田谷)です。数々の卒業生がこれまでの大会で華々しい成績を上げ、2度のオリンピック金メダルを獲得し、代表監督も務めた柔道の斉藤仁さんも同大学の卒業生です。

世田谷区世田谷にある国士舘大学(画像:(C)Google)

 元々、国士舘大学は創立者である柴田徳次郎が1917(大正6)年に立ち上げた私塾を起源としています。柴田は1929(昭和4)年に国士舘専門学校を設置した際、国漢剣道科、柔道科などを開設。スポーツに強いのは、武道の教員育成を目的とした専門学校としての歴史を持っているからです。

7学部14学科の総合大学へ


【図表】卒業生の就職先

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210801_koku_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画