【東京出身タレント名鑑】シュール芸人・小木博明(板橋区)が脱サラしても芸能界で大成功できたワケ

多くの俳優やアーティスト、タレントたちを輩出してきた街・東京。そんな東京出身の有名人にスポットを当てて、その人柄や魅力に迫ります。今回紹介するのは、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明さんです。


シュールで知性的

 近年、あらゆるタイプのお笑い芸人がテレビに出演し、バラエティー番組を中心に業界を盛り上げています。

 M-1グランプリなどの賞レースにおける参加者数は毎年右肩上がりで、お笑い芸人の数は増え続けています。売れるためにギャグを開発したり、大声でツッコミをしたりなど、生き残りをかけておのおのが芸を磨いています。

 そんなお笑い芸人のなかには、最初から芸能界を目指していたわけではなく、サラリーマンを辞めてお笑いの世界に飛び込んだ人も。ただでさえ売れることが難しい芸能界で、脱サラしてから活躍するためには、人と違う角度からシュールで知性的な笑いを生み出す能力が必要です。

 シュールで知性的な笑いを生み出すスタイルで、脱サラして成功したお笑い芸人といえば、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明さんではないでしょうか。

小木博明さん。2020年放送「おぎやはぎのハピキャン」でも活躍(画像:メ~テレ)

 2020年には映画『前田建設ファンタジー営業部』(バンダイナムコアーツ、東京テアトル)で、熱血な上司の役を務めました。同映画はファンタジー営業部の社員がアニメ「マジンガーZ」の地下格納庫の建設に挑むというストーリーで、小木さんのハイテンションな演技が役にハマっており、高く評価されました。

 女性向けサイトの「モデルプレス」によると、1971(昭和46)年生まれの小木博明さんは板橋区出身。同区は東京23区の北西部に位置しており、面積は32.22平方キロメートルで、人口は約56万人(2021年7月時点)。その地形は、武蔵野台地と荒川の沖積低地で形成されています。ニリンソウの花が区の花として制定されています。

なぜ脱サラして成功できたのか


【図表】「眼鏡が似合う有名人ランキング」の結果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210728_yahagi_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画