最近のゲームセンターに「クレーンゲーム」ばかり置かれている理由

昭和のゲームセンターにはビデオゲームやメダルゲームなどが多かったものの、最近はクレーンゲームばかり。いったいなぜでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


クレーンゲームは業界の稼ぎ頭

 ゲームセンターはコロナの打撃を受け、都心部でも閉店する老舗店舗が出てきています。その一方で、「クレーンゲームはむしろ増えているのでは?」と感じる人も多いのではないでしょうか。アーケードゲーム機のはやり廃りは激しく、一大ブームとなるような機種でも数年で姿を消しています。しかし、クレーンゲームはそれに含まれません。近年は主力機種であるビデオゲームやメダルゲームの業績が精彩を欠いていますが、クレーンゲームを含むプライズ(景品)ゲームの売り上げは安定しており、現在のゲームセンターの稼ぎ頭と言っても過言ではありません。

クレーンゲームのイメージ(画像:写真AC)

 日本アミューズメント産業協会(千代田区九段南)の「アミューズメント産業界の実態調査」によれば、2019年同協会員のプライズゲームの売上高は2988億円。これは同協会員のゲームセンターの売り上げ全体の55.3%のシェアを占めています。対前年比6.2% の増加で、2015年度からはずっと増加傾向にあることがわかります。

 クレーンゲームは1990年代のゲームセンター黄金期をけん引した機種のひとつ。1990(平成2)年にセガから登場した「UFOキャッチャー」はクレーンゲームの代名詞ともなりました。

UFOキャッチャーが注目を浴びたワケ

 UFOキャッチャーが注目を浴びたのは、プライズに人気アニメや人気ゲームのキャラクターの小型ぬいぐるみシリーズを投入した点です。デフォルメされたかわいさとUFOキャッチャーにしかないオリジナル商品の希少性から、プライズ目的で遊ぶ女性が増加しました。

江東区有明にある有明ガーデン内の「セガ 有明ガーデン」(画像:GENDA SEGA Entertainment)

 当時、ゲームセンターはカップルのデート場所となっており、女性にねだられてUFOキャッチャーに興じる男性も。また、シリーズ化されているとコンプリートしたくなるのが人の常で、次々にコインを投入してしまいます。かばんに戦利品を全種類ぶら下げている女子高生や、後部座席に誇らしげに全種類並べている車をよく見かけました。

 クレーンゲームはインカム(収入)を稼げる機種と言えるでしょう。プライズを中国で生産して低コスト化したことも、コストや風営法の観点から導入を拡大させた一因です。

 プライズは本来、風営法の規制対象ですが、射幸性(偶然の利益を得ること)をあおらない程度の金額の物品であれば例外とされており、業界では一定の小売価格以下の物品にするように自主規制を行っています。

ユニークな景品も増加


【図表】断トツの成績! プライズゲームの「売上シェア」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210715_crane_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画