SL保存が大ピンチ! 『鬼滅の刃』登場で再注目も、背後にあった構造的危機とは

『鬼滅の刃』ブームで改めて注目が集まったSL。そんなSLは現在、危機的状況を迎えています。いったいなぜでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


「旅情がある」では済まされない現実

『週刊少年ジャンプ』で連載されていた『鬼滅の刃』が2020年、大ブームとなりました。鬼滅人気は社会現象にもなり、10月に公開された劇場版『鬼滅の刃』無限列車編も日本の映画史を塗り替える空前のヒットになっています。

 劇場版では作中に蒸気機関車(SL)が描かれていることから、JR東日本は「SLぐんま よこかわ」、JR九州は特別列車「SL鬼滅の刃」といったコラボ列車を走らせています。

 SLは昭和40年代まで盛んに全国を走っていましたが、各地の鉄道路線が電化されるにつれ姿を消していきました。しかし迫力満点の世代を超えた人気があり、現在でも多くの人を魅了します。

 そんなSLは都会の騒がしさを離れた地域、例えば

・大井川鉄道
・山口線(JR西日本)
・磐越西線(JR東日本)
・真岡鉄道

などでは見ることができます。

 また最近では東武鉄道が復活プロジェクトに取り組み、2017年から一部区間で運行を開始しています。SLは東武の観光的な目玉になっていますが、沿線の観光スポットとして人気の高い東京スカイツリーや浅草の周辺を走ることはありません。あくまでも運行区間は栃木県内の一部にとどまっています。

 走っている勇姿を見たり、乗ったりするだけなら「かっこいい」「旅情がある」と観光気分にひたれますが、生活と隣り合わせの沿線住民は違います。

 SLの運行には振動・騒音・ばい煙などの問題がついてまわり、住環境が脅かされるのです。そうした配慮から、住宅が密集するエリアでSLが運行することは難しくなっています。また、SLの運行やメンテナンスには莫大(ばくだい)な費用がかかります。経済的な事情もあり、SLはどんどん活躍の場を喪失しているのです。

SLを展示・保存する意味


【地図】都内の「SL1スポット」6選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_SL_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画